北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

水木しげる生誕100周年を祝福 中村さんが記念イラスト【函館】

「優しくてのんびりだけど強い」という第5期が〝推し鬼太郎〟という中村さん

 妖怪漫画の巨匠、漫画家の水木しげるさん(1922~2015年)が3月8日に生誕100周年を迎え、函館本通中学校2年の中村咲雪さん(14)が記念のイラストを描いた。代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の大ファンで、原作やアニメの設定を生かした鬼太郎たちが水木さんを取り囲んで祝福。〝ゲゲゲ愛〟にあふれる1枚に仕上げた。

 水木さんが紙芝居作家時代から描き続けた鬼太郎は漫画だけでも膨大な量の作品が残る。テレビアニメ化も6度あり、放送開始時期は1968、71、85、96、2007、18年と半世紀に渡り、08年には「墓場鬼太郎」のタイトルでも制作された。各シリーズで時代背景も異なり、鬼太郎たち主要キャラクターの性格や描かれ方、設定に違いがあるという。

 中村さんは好きなアニメや漫画の模写を始めて絵を描く楽しさを覚え、中学校では美術部に入ったことも刺激になって上達。小学校低学年の頃にアニメ第4、5シリーズの再放送で出合った鬼太郎には昨年から再びはまり、歴代アニメの設定を参考にした創作イラストを描いて楽しんでいる。

 また、曽祖父(故人)の蔵書にあった水木しげる集(69年、筑摩書房刊)や愛蔵版ゲゲゲの鬼太郎(88年、中央公論社刊)を譲り受けた。原作の古い言葉遣いや絵の細部までアニメとは別の魅力があり、「水木先生の絵は背景が凝っていたり、手足の描き方がすごい。原作の鬼太郎は(まねようと思っても)描きにくい」と話す。

 生誕100周年を記念したイラストは、目玉おやじを手にした水木さんを中心に据えて、歴代の鬼太郎9人を描き分け、ねずみ男、「河童の三平」など水木さんの別作品のキャラ、23年に新作公開が発表された「悪魔くん」も取り入れ、にぎやかな絵となった。

 将来はアニメ制作の現場で働きたいと目標を持ち、妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ鳥取県境港市の「水木しげるロード」に行くのが夢だ。中村さんは「水木先生の絵に近づきたい。先生の『好きの力を信じる』という言葉を思って描いていきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス