北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新制服、男女同じ ブレザーはボタン替え対応 翔陽中【帯広】

 性の多様性に配慮し、十勝管内の中学校でもジェンダーレス制服導入の動きが広がりつつある。帯広翔陽中学校(海鋒達也校長)は新年度の入学生から男女ともブレザータイプの制服に統一。ブレザーの前ボタンはワンタッチで付け替えられ、男女間の“お下がり”にも対応する。音更町も2024年度から町内全5校でジェンダーレス制服を導入する。

帯広翔陽中学校が導入するジェンダーレス制服。右は海鋒校長、左は佐藤教頭

 翔陽中では多様な価値観を認め合うことができる学校教育を目指し、今年度から男女混合名簿や女子のスラックスを採用。現在の制服は男子が詰め襟、女子がブレザータイプだが、新入生からはジェンダーレスのブレザーとする。

 制服の更新を前に、昨年の夏には同校に進学する市内4小学校(帯広、光南、東、柏)の児童や保護者にアンケートを実施。児童の8割、保護者の7割が詰め襟よりもブレザータイプを望んだ。

 新しい制服は前ボタンをワンタッチで付け替えることで右前合わせ、左前合わせを調整できる。素材にこだわった上着は着心地に優れ、調温・調湿機能や消臭効果も備える。上着の袖は成長に合わせて3センチ伸ばせるほか、両袖の横には反射パイピングが入り、交通安全にも貢献する。自宅での洗濯も可。価格は上下で約3万4000円で、現行の女子の制服よりも9000円ほど安い。

前ボタンはワンタッチで付け替えられ男女間のお下がりも可能に

 佐藤和人教頭は「ジェンダーへの配慮、機能性、経済面を含め、これからの時代にふさわしい制服」と太鼓判を押す。

 市内の中学校は、男子が詰め襟(第四中のみブレザー)、女子はイートン、ブレザー、セーラー服などを採用している。翔陽中の新制服も含め、各校とも下衣はスラックスかスカートを選べる。

 翔陽中の制服を手掛けた北海道管公学生服(札幌)は「LGBTや多様性という言葉が浸透し、この3、4年で制服にも急激なジェンダーレスの波が来ている」とし、今後も需要は高まりそうだ。

関連記事

苫小牧民報

札幌でいぶりフェア 対面で管内の「食」アピール

胆振総合振興局主催の「いぶりフェア」が1日、リニューアルされたJR札幌駅北口の北海道どさんこプラザ札幌店で開幕した。同管内の食関連の31事業所が出展。7日まで123の特産品を販売する。  同フ...

苫小牧民報

結成30周年「樽前ばやし」 6月に記念ライブ 苫小牧

苫小牧創作芸能研究会「樽前ばやし」は今年、結成30周年を迎える。日本三大曳山祭の一つ、秩父夜祭(埼玉県秩父市)での「秩父屋台囃子(やたいばやし)」に感銘を受けた苫小牧市民有志が立ち上げた祭りばやし...

十勝毎日新聞

スキーとキャンプ 新たな滞在観光に 実証実験始まる【芽室】

 芽室町内の観光施設「めむろ新嵐山スカイパーク」(町中美生)で、スノースポーツとキャンプを掛け合わせ、客単価向上などを目指す実証実験が始まった。参加者からサービスの満足度に関するアンケートを行い...

十勝毎日新聞

日本農業賞 前田農産に奨励賞 ポップコーンで雇用創出【本別】

 第52回日本農業賞(JA全中、NHK主催)の食の架け橋の部で、本別町の前田農産食品(前田茂雄社長)が奨励賞に選ばれた。自社農場で生産したトウモロコシを原料に家庭用ポップコーンを製造・販売し、畑作...

十勝毎日新聞

酪農支援へ牛乳券購入 帯信金と日本公庫【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)と日本政策金融公庫帯広支店(野頭賢一支店長)は、新型コロナウイルスの影響で牛乳の消費が低迷するなどして苦境にある酪農家を応援するため、共同で牛乳券5860枚(11...