北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「女子旅」行くなら、ここ!! 帯広温泉郷 全国3位【帯広】

 全国の温泉地をインターネット投票で順位付けする「温泉総選挙2021」の「女子旅部門」で、帯広市内の銭湯や宿泊施設を含む「帯広温泉郷」が3位に初入賞した。温泉地としての知名度向上へ、観光関係者らの期待も高まりそうだ。

帯広温泉郷の発信に尽力する今さん

 帯広温泉郷は、帯広市地域おこし協力隊の今雅昭さん(37)が、市内にある銭湯11施設と温泉付きの宿泊施設9施設全てでモール温泉が楽しめることに着目。温泉地としてPRしようと、2020年の温泉総選挙への初エントリーに合わせて命名した。

 同選挙は民間組織「旅して日本プロジェクト」の主催で、今回で6回目。温泉地のさまざまな情報を提供し、活性化につなげる狙い。「リフレッシュ」「うる肌」など九つの部門ごとに、全国132の温泉地がエントリー。昨年11月から今年1月までの3カ月間で約100万票が寄せられた。

 帯広温泉郷は、「美人の湯」ともいわれるモール温泉や地元スイーツを前面に打ち出し、女子旅部門で7537票を獲得。四万温泉(群馬)、伊香保温泉(同)に次ぐ3位に輝いた。

 今さんは、20年3月からフリーペーパー「Chai」で「帯広温泉倶楽部」と銘打ち、温泉施設の紹介を毎月連載。温泉家の北出恭子さんを招いたトークショーや温泉施設のスタンプラリーなども企画し、魅力の発信に力を入れてきた。

 20年は「うる肌部門」にエントリーし、5位以内の入賞を逃したが、部門を変えてリベンジを果たした。

 今さんは「入賞が目標だったのでうれしい。地元の人たちに帯広の温泉の価値に気付いてもらい、全国の人にも知ってもらえるよう発信を続けたい」と喜びを語った。

 十勝管内では、十勝川温泉が19年のファミリー部門1位、ぬかびら源泉郷が18年のリフレッシュ部門1位など、いずれも入賞を重ねている。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス