北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛乳飲もう スーパーも応援 年度末に再び余剰懸念【十勝】

 昨年末に続いて年度末にも再び生乳の大量余剰が懸念されている。乳製品の消費拡大が呼び掛けられていることを受け、主力産地である十勝管内の食品スーパーでは牛乳などの応援販促の動きが相次いでいる。

ダイイチ白樺店の売り場で対象品とキャンペーンPOPを持つ加納部長と営業企画の吉川優香さん(右から)。北村慎之店長(左)は限定贈呈品をPR

 ダイイチ(帯広市)では3月1日から1カ月間、生乳消費拡大キャンペーンを全22店で始める。全社的には初の試みで、指定商品(特選よつ葉牛乳1000ミリリットル、通常売価246円)を購入すると、自社電子マネー機能付きポイントカード(フレカプラス)に通常300円で1ポイントのところ、1本につき30ポイントを付与する。

 1日はスタート記念として、十勝の全9店で買い物した人限定で、よつ葉特選北海道牛乳200ミリリットルパック1本を無料進呈する。(1世帯1本、計3000本用意)。店内POPや折り込みチラシなどでPRし、期間中、前年比2.5倍(約5万本)の販売が目標。

 同社の加納充・商品第一部長は「前年比30トンほどの消費増につなげたい。十勝は酪農王国。生乳廃棄危機は地域にとって大きな問題。地域企業として応援したい」としている。

 JA木野(音更町)の子会社が運営する「ハピオ」(同)は3月3日から、プライベートブランド商品「ハピドリ」(冷凍品、ドリア)を通常(200グラム)より20%増量し、同価格(432円)で販売する。

20%増量で販売する「ハピドリ」(ハピオ)

 ホワイトソースとチーズには十勝産生乳を使用しており、2020年11月の発売以来、累計6000個を売り上げた商品。

 ハピオの赤間宏店長補佐は「生乳に加え、外食控えで低迷する道産米の消費拡大を図りたい」と強調。増量品は、とかち物産センター、帯広地方卸売市場でも販売する。

 学校の春休みと新型コロナによる臨時休校が重なることなどにより、生乳の例年以上の需要低迷が予測、ホクレンの篠原末治会長(士幌町)も消費拡大への協力を会見で呼び掛けた。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス