北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

動物園のツイッター フォロワー7万人突破【帯広】

おびひろ動物園のツイッターの画面

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)のツイッターの公式アカウント(@obihirozoo)が、開始3年弱でフォロワー数7万1000人を越えた。同園の魅力を十勝だけでなく全国に発信する手段として、着実に成果を上げている。

 アカウントは2019年4月から本格的に運用が始まった。1日平均約4回とこまめな更新に加え、落ち葉に埋もれるエゾタヌキの姿が人気を呼び、短期間でフォロワーが急増。21年4月にはエゾフクロウが水を飲む姿が話題になるなど、飼育動物の何気ない日常が注目されるきっかけになった。

 道内の動物園・水族館の公式アカウントを調べると、全国的な知名度から、旭山動物園(旭川市)のフォロワーは約23万人と多い。円山動物園(札幌市)は約6万5000人、釧路市動物園は約2万7000人、おたる水族館(小樽市)は約4万5000人など(いずれも27日時点)で、おびひろ動物園の影響力の大きさもうかがえる。

 ツイッターは文字数の制限があることから、動物の生態を詳しく解説するには難しさもあるが、同園は気軽さを重視し、あえて短文や写真、動画にこだわる。更新を積極的に行うエゾタヌキの担当飼育展示係、中山大志さん(30)は「ツイートをきっかけにその動物に興味を持ち、自分から生態などを調べてくれる人もいる」と効果を語る。

 同園の分析では、ふるさと納税の1日ごとの納税金額・納税者数と、ツイッターの閲覧件数に相関があることもわかり、動物園だけでなく地域自体の周知にもつながったとみられる。

 中山さんは「帯広や動物園の存在が知られずに終わるのはさみしいという思いで続けてきた。ツイッターをきっかけに、(この二つが)無視できない存在になったのでは」と話し、柚原園長は「これからも動物園の裏側や飼育員と動物の関係性を知ってもらい、興味を持つきっかけになれば」と期待している。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス