北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

NCカード 所社長 札幌進出し営業網拡大【帯広】

 信販会社・NCカード(帯広市、所紀夫社長)は、同じ日商連系のほくせん(札幌市)のショッピング事業の継承を目指し、4月中にも札幌に支店を開設する。さらに営業エリアが広がることで長年使ってきた社名(エヌシーおびひろ)を22日付で変更した。近年急拡大するキャッシュレス決済市場だが、異業種も参入し競争は激化している。今年度で創業70周年を迎えた同社の所社長に、札幌進出の狙いや今後の戦略などについて聞いた。

新社名入りの社員証を片手に「地方でもニーズをつかんだ事業を展開すれば、ショッピング事業は伸ばせる」と話す所社長

ほくせんから事業引き継ぎ

 -札幌進出の経緯は。

 ショッピング事業の撤退を決めたほくせん側から昨年末、会員の引き継ぎ先になってほしいと話があった。後発で経費もかかり、競争も厳しいと思ったが、ゼロからの進出ではなく、(ほくせん会員という)土台があった。基幹システムが同じだったことも大きな決め手になった。

 -具体的な営業戦略は。

 ショッピング事業におけるほくせん会員をそのまま承継するM&Aではない。会員に契約変更を呼び掛ける優先権があるだけなので、実際に切り替えてくれるかは今後の動き次第。ほくせんは会員約22万件の半分がショッピング事業分。うち、ETCカードや新聞、電気などの料金払い、いわゆる「継続決済系」が5万5000件ほどあり、この部門をできるだけ取り込んでいきたい。

 場所は調整中だが、4月中に約10人体制で札幌支店を開設する。会員を取り込めると、加盟店も増やせる可能性がある。焦らず進めたい。

 -社名から「おびひろ」を外した。

 過去、M&Aなどで営業網を十勝以外にも広げてきた。ほくせんのショッピング事業撤退で、日商連系で同事業を展開するのは道内で当社だけになった。地名がない方が分かりやすいと思った。ただ、地域に根差した営業をしていくため、本支店の屋号は「NCおびひろ」「NCきたみ」など地名を残している。

 -本社機能を帯広以外に移す可能性は。

 現時点では全く考えていない。基幹システムなどバックオフィスが帯広にあることにハンディはなく、費用をかけて(他地域に)移すメリットもない。

 -近年の信販業界は。

 10年ほど前、全国的に体力のない地方信販会社などが淘汰(とうた)された。貸金業法などが改正、上限金利が設けられたことで、利用者側からの過払い金返還請求などが全国的に相次いだことで経営環境が悪化し、合併や解散した事例が増えた。

 その後、アマゾンなどネット通販の急伸でクレジット決済市場も急拡大。一方で不正利用も急増し、ICカード対応などシステム導入に多額の投資が必要に。PayPayなどに代表される電子決済など異業種との競争も厳しく、信販業界は2次淘汰の時代に入っている。

取扱高を700億円に

 -創業70周年、NCカードとしての生き残り策は。

 まずは札幌進出で取扱高を300億円上乗せし、700億円にしたい。

 また、スマホなどさまざまな決済方法はあるが、購入法が店舗からネットに変化したとしても、クレジットカードは今後もなくならない。ショッピング事業では高齢化が進む中、大手の隙間を縫って、地域の中高年層をターゲットにしたサービス、寄り添ったビジネスを展開していけば勝機はあると思う。

 周年事業はコロナで式典は行わない予定。記念誌の制作は進めている。

◇ ◇ ◇

 ほくせんは今月の臨時株主総会で、8月末での主力のショッピング事業から撤退、キャッシングと不動産事業に特化することを公表した。道央や道南などが営業エリアで、取扱高は647億円(2021年8月期)。

<NCカード>
 1951年協同組合帯広連鎖店を設立。63年帯広クレジット(エヌシーおびひろ)とした。2010年釧路日商連を吸収分割しクレジットカード事業を継承、15年旭川進出、19年青森日商連を子会社化。取扱高400億円(21年3月期)。北見と釧路、旭川、網走に支店。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス