北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「棒二ありがとう」 閉館の駅前ビル最後の日曜にぎわう【函館】

「さようなら」「長い間ありがとう」。壁面にびっしりと貼られた市民のメッセージ

 旧棒二森屋アネックスの建物を活用したJR函館駅前のテナントビル・函館駅前ビルが31日で閉館する。最後の日曜日を迎えた30日、思い出の店内を目に焼き付けようと多くの市民が来店した。4階にはメッセージコーナーも設置され、来店客が「棒二さんありがとう」などの感謝の思いをつづった。

 ビル閉館にあたって、駅前・大門地区の店舗でつくる2組合は、加盟店利用で記念品がもらえる「駅前大門大感謝祭」を31日まで開催。記念品の引き換え会場の同ビル4階では、往時の駅前地区を振り返る写真展や、棒二森屋を設計した函館出身の建築家明石信道パネル展も同時開催した。

 メッセージコーナーの壁面には、来店客が「棒二」の屋号を示すロゴマークとともに「棒二さんありがとう」「お世話になりました」といったメッセージを書き込み、思い出を振り返っていた。

 函館市深堀町の主婦、加藤慶子さん(65)は「物心ついたころから家族で買い物に来て食堂でご飯を食べるのが決まりだった。『駅前の顔』で思い入れがあり、建物がなくなってしまうのは寂しいですね」としみじみ。

 大手町の団体職員、岩島禎敏さん(50)は「寂しさとともに近場で買い物ができる場所がなくなる不便さもある。跡地にできる施設は棒二さんの面影が感じられ、地元に愛される場所になってほしい」と期待を込めた。

 最終日の31日はコロナ対策で閉館セレモニーなどは実施しない。大感謝祭の記念品引き換えは午前10時~午後5時。

 棒二森屋のアネックス館は1982年にオープン。2019年1月末の棒二森屋閉店を受け、本館・アネックスのテナントが入居する商業ビルとして同年2月に開業。同店跡地を活用した再開発ビルの開業までに期間を要するとして、当初から3年間の営業を予定していた。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス