北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「小麦の奴隷」経営・橋本玄樹さんインタビュー【大樹】

 実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたパン店「小麦の奴隷」が、本店を構える大樹町内でパンのテーマパーク構想を打ち上げ、大きな関心を呼んでいる。構想の具体化を進めるのが、小麦の奴隷を経営するため大樹に移住した橋本玄樹さん(36)=こむぎの代表。パン事業は全国にネットワークを広げ、海外進出も見据える。橋本さんに今後の事業展開について聞いた。

大樹を拠点に事業展開して3年目、テーマパーク構想についても語った橋本さん(手前はドレイランドのイメージパース)

 -パン事業は4月に3年目に突入する。
 2年間で本店と東京の研修所(店舗兼用)、フランチャイズを含めて全国29店舗となった。想定外の広がり。コロナ禍で新たなビジネスを模索する人のニーズに合致し、カレーパンが金賞を受賞しメディアで取り上げられたのも大きい。年内にはトータル100店を目指す。

 -なぜ大樹でパン店だったのか。
 堀江さんが運営するオンラインサロンの会員になったのが契機。堀江さんが創業したインターステラテクノロジズ(IST)がある大樹で「パン店をやるのなら応援する」と会員に問い掛けたところ、誰も手を挙げない。だったら私が…と移り住んだ。私自身、パンは食べるのが専門、パンを焼いたことはない。

 -小麦の奴隷は冷凍生地を使っている。
 パン製造で一番重要なのが生地づくり。発酵の工程はその日の気温などに左右され「職人の技」が必要になる。この部分を外部に委託すれば労働力の確保が難しい地方でもパン店を経営でき、作りたての「パン屋のパン」を提供できる。冷凍生地を使うスタイルは都市部のチェーン店にもあるが、これを地方で実践したのが小麦の奴隷だ。

 -大樹で成功し全国に広がった。
 フランチャイズを希望する人の多くが、大樹の店を見学して「やってみよう」と思うようだ。今後は海外にも目を向けたい。台湾などは日本と同様に少子高齢化が進み、地方で過疎化が進んでいる。小麦の奴隷のビジネスモデルが通用する可能性はある。

「小麦の奴隷」を一躍有名にしたカレーパン

 -パン事業から派生する形でテーマパークの整備も打ち出した。
 4期程度に分けて大樹町内に整備する構想。核になるパンの体験工房とVR(仮想現実)を活用したアクティビティーは年内にオープンさせたい。十勝の大自然と最先端を掛け合わせたものをイメージしている。

 名称についてはいろんな意見があるが、パン店の店名の由来にも関わる「奴隷」は外せない。すべてカタカナで「コムギノドレイランド」にする考えだ。

 -最後に「地元の大樹町」について。
 米国のシリコンバレーのように、ロケットビジネスの特区を目指している。将来、すごいマチになると感じている。その中で私の取り組みがいい意味で刺激になればうれしい。ただし、大事なのは結果。パン事業にしろテーマパークにしろ、しっかりした形にしていきたい。

<はしもと・げんき>
 1985年京都市生まれ。東京で整体サロンを経営していたが、「堀江貴文イノベーション大学校」(HIU)を通して2019年、パン店を経営するため大樹に移住した。現在は妻真悠子さん(36)の他、母洋子さん(63)も大樹に移り住んでいる。

<小麦の奴隷>
 堀江貴文さんの声掛けで誕生した「エンタメパン屋」。大樹店(2020年開店)をモデルにフランチャイズ展開し、地方創生につなげるのがコンセプト。見た目がごつごつしたカレーパンは「カレーパングランプリ」で金賞を受賞。「人類はコミュニティー維持のため穀物を育てることになり、小麦の奴隷になった」-というのが奇抜な店名の由来。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス