北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

匿名の寄付者から手紙 理事長「ご希望に添うように使います」【池田】

匿名の寄付者から届いた手紙を手にする大熊理事長

 池田町の社会福祉法人池田光寿会(大熊豊政理事長)に11日、一通の手紙が届いた。差出人は、同法人が運営する帯広市内の児童養護施設「十勝学園」(山本敏博施設長)に対し、昨年12月に匿名で10万円を寄付した人物。寄付金が実際に使われたかを心配する内容が手紙に記されていることから、大熊理事長は「使い道はこれから決めますので、どうかご安心を」と話している。

 手紙の差出人の名前、住所など詳細は不明。文面には「名も知らずのお手紙で失礼とお許し下さい」の書き出しで、「未来ある子供達に何かの足しにして下さい 探さないで下さいネ 令和3年十二月十四日」と記したメッセージとともに10万円を封筒に入れ、同施設のポストに投函(とうかん)したことが明かされている。

 さまざまな事情を抱える子どもたちの役に立ちたいという思いが記されている一方、「子供達の元に届いてますでしょうか? 私のやり方が間違っていたのではないかと反省してます」とあり、寄付金がどう使われるかが分からずに不安げな気持ちも読み取れる。

 同法人によれば、寄付者は実名に限らず、匿名の希望者も多いが、「理事長になって22年。匿名の寄付者からの手紙は初めてで、驚いた」(大熊理事長)。同施設が取りまとめている直近の数字では、2018年7月から21年12月までに匿名希望者の寄付件数は10件、寄付金額は計145万3500円に上る。中には1回に100万円もの高額の寄付や、「お年玉」として年代別に金額を細かく振り分ける寄付もあった。

 寄付金の一部は既に、同施設に入所する幼児から大学生と、近隣の地域小規模児童養護施設「はみんぐ」に入所する中高生ら計45人のために使われている。

 大熊理事長は手紙の差出人に「会ってお礼を申し上げたいところだが…」と、もどかしさを感じつつ、「寄付金はご希望に添うように使わせていただきます」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス