北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

年末大忙し 鏡餅作り大詰め、ペットホテル予約満杯【帯広】

 新年の足音が近づく中、正月を彩る鏡餅作りが帯広市内の専門店で大詰めを迎えている。また、十勝管内のペットホテルは1年前に比べ、年末年始の利用が大幅に増加。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、帰省や旅行に出向く人が増えていることが背景にあるとみられる。コロナ下での新たな正月準備が進んでいる。

鏡餅作りたけなわ 帯広の大福亭

一つ一つ丁寧に成形されてできあがる餅(29日、大福亭弥生通本店で)

 市内の大福亭弥生通本店(西3南29、國重敏教店主)では、新年に向けた鏡餅作りを27日に開始。30日までの4日間をかけ、1日でもち米120~150キロを鏡餅に仕上げる。

 29、30の両日は國重店主(62)や従業員が、鏡餅や切り餅の製造で未明から作業場に立った。

 国産のもち米を蒸したほのかに甘い香りが漂う中、鏡餅を担当する國重店主は、餅つき器でついた熱々の餅を素手で丸め、丁寧に形を整えていく。1日冷やすことで、ひび割れを防ぐという。

 大きさは5合から5升まであり、1升は3240円。管内の神社や寺、企業などを主とした注文は昨年に比べ2割増しで、予約受け付けはすでに終了している。

 切り餅の製造も佳境。通常の白切り餅のほか、豆、チーズ、干しエビが入ったものもある。

 國重店主は「日本の伝統の手作り餅を食べて、新年は健やかに過ごしてほしい」と話している。

飼い主は帰省、旅行 ペットホテル予約ほぼ満杯

年末でペットホテルは混雑。犬や猫のほか、ウサギなどの宿泊も(ペットホテルいきものがかり本店で)

 つながり(帯広市、北村直也代表)が運営する市内のペットホテル「いきものがかり本店」(西1南7)では、一般的な犬や猫のほか、ウサギ、フェレット、ハムスター、インコなどの小・中動物も宿泊が可能。専用カメラで動画を撮影し、飼い主はスマートフォンでペットの様子を確認できる。予約のピークは31日で、年明けの1月2日まではほぼ埋まっているという。

 同社の尾崎隼人主任は「昨年は予約がほぼガラガラの状況だった。今年は小・中動物が満室状態で、犬や猫は若干空きがある」としている。

 市内のジョイフルエーケー帯広店ペットワールド(東7南16)のペットホテルも、年末年始でやや空きがある程度。宮本智己センター長は「1、2件しか予約がなかった昨年に比べると需要が回復している」と話す。

 ペットの毛をきれいにカットして整えるトリミングも、12月は各店とも早い段階で予約が埋まった。「年始の中旬ごろまで空きがない」という店もあり、トリマーが慌ただしく対応している。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス