北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

いわし祭り盛況 イワシの魅力アピール【函館】

トークセッションでイワシの魅力を話す(左から)福田社長、熊木さん、齊藤さん

 函館産イワシの消費拡大を図るイベント「シエスタハコダテいわし祭り」(無印良品、シエスタハコダテ、Gスクエア主催)が30日、シエスタハコダテ(函館市本町)で初めて開かれた。メインの「トークセッション&ライブ」には漁師ら3人が登場し、魚を捕る、届ける、伝えるという立場からイワシの魅力をアピールした。

 ハコダテフィッシャーマンズ発起人の熊木祥哲さん(市漁協所属の漁師)、フィッシャーマンズの活動を応援する海産物卸問屋「福田海産」(宇賀浦町)の福田久美子社長、函館出身の魚専門シンガー・ソングライター齊藤いゆさん(札幌在住)がトークを展開。齊藤さんは「水温変化による資源(魚)変化への対応策が不足している。消費者が魚を知っておいしく食べればいい」と提案。

 熊木さんは「函館はイワシを加工する業者が少なく、漁師が捕っても引き取り手がおらず、捨てざるを得ない。市民のニーズが高まれば、漁師の存続につながる」と訴えた。福田社長は「イワシは栄養たっぷりで、オリーブオイルに塩だけで味付けし、フライパンで調理し簡単に食べられる」と紹介した。

 齊藤さんが作詞作曲した新曲「わっしょいわし」など4曲を披露し、会場を盛り上げた。

 また、地下1階ではイワシの特別販売を行い全て完売した。パン店「ラ・ナチュール」で29~31日、新商品「いわしバインミー風サンドイッチ」を各日20個限定で販売。午前11時からで1個324円。29、30両日は完売した。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス