北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

絵本の宝箱 自宅においで 3300冊並ぶ部屋開放【帯広】

 帯広市西11南40の下田美幸さん(65)が、かつて子ども部屋だった自宅の一室を「えほんのおへや なないろのたからばこ」として一般に開放している。本棚いっぱいに約3300冊の絵本や児童書などが並んでおり、下田さんは「ふらっと立ち寄って、本をぱらっとめくって、この空間を楽しんでいただきたい」と話している。

たくさんの絵本や児童書などが並ぶ下田さん宅の「なないろのたからばこ」

 6月に退職するまで30年間、保育士や幼稚園教諭として子どもと接してきた下田さん。夫の後押しも受けて、3人の子どもが巣立った「2階の部屋」の開放を決断した。落書きや壁紙も、当時のまま、あえて残した。子どもの目線を大切にして、背の低い本棚や机、椅子も用意した。

 絵本や児童書は約2500冊。雑誌やコミックを合わせると、3300冊ほどになる。中には、下田さんが学生時代から集めたもの、子どもが小さい頃に読み聞かせをしたものなど、思い出に残る本もある。

 帯広市図書館の読み聞かせボランティアの経験もあり、長く絵本に親しんできた下田さん。「いつか、こういうことをやってみたいと思っていた。たくさんの本をこのまま眠らせるのはもったいないし、せっかく部屋も空いているし」と、6月21日にオープンした。

 玄関前の看板は、木の温かみのある手作り。部屋の中には、絵本のキャラクターの絵や縫いぐるみが飾られている。カルタやボードゲームも用意した。

 「なないろのたからばこ」と命名したのは、いろいろな本と出合い、楽しいと思える宝箱のような場所にしたい-との思いから。そんな“宝箱”には、幼児から大人までが楽しめる本も多数そろう。下田さんは「大人が読んでも楽しく、また、ジーンと思える絵本もある。親子や友人同士で、本と親しんでほしい」と話している。

 本の貸し出しは行っていない。開放時間は毎週金曜日午前10時から午後4時まで。インスタグラム「@NANAIRONOTAKARABAKO」で情報を発信している。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス