北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

上士幌餃子 よりおいしく 上高生が「たれ」開発【上士幌】

 上士幌高校(宮田真克校長、生徒166人)の3年生が、町内のカミシホロホテルの協力を得て、「上士幌餃子」(ギョーザ)に合うオリジナルのたれを開発した。6日には学校祭でギョーザと共に販売。生徒たちは、商品の価格設定から宣伝まで売り手側の視点も学んだ。

上士幌餃子に付けるオリジナルのたれを開発した(左から)天野さんと大場さん

 「上士幌餃子」は、カミシホロホテルを運営するルイス・ミッシェルが製造している。町内のコンビニや道の駅などで販売され、ふるさと納税の返礼品にもなっている。道産野菜を中心に「とかち桃花豚」を使用している。

 生徒たちが今年度の探究の授業で、高校生ならではのアイデアを入れて商品開発し、町の活性化につなげようと企画。たれの開発をホテル側に打診した。細川真莉菜さん、森田陽樹さん、大場望鈴(みすず)さん、黒沼紗千(さち)さん、天野真平さんの5人が取り組んだ。

 4月からレシピ研究を進めた。「飽きずにおいしく食べられる」などをコンセプトに、ギョーザとたれのおいしさが際立つように試作を重ねた。ホテル側は生徒の意見を尊重し、「風味の良さを引き出したほうがいい」などとアドバイスした。

 考案した6種類から「レモンねぎこしょう」と「ねぎ塩」の2種類を選定。いずれもレモンをベースに、「レモンねぎこしょう」はブラックペッパーとネギを加えた。砂糖と塩を入れて、レモンの苦みを和らげさっぱりした味わいに。「ねぎ塩」は味のアクセントを出すために、ごま油と鶏がらを使い、濃厚な味に仕上げた。

 学校祭での販売に向けては、商品の魅力を伝えるポスターを製作。価格は原価なども考慮し、ギョーザ込み450円と決めた。

 当日は3時間で用意したギョーザ150個を完売した。来店客は「おいしい」と言いながら頬張っていた。

 細川さんは「香りも味もよく納得のいく味に仕上がった」、天野さんは「完成して達成感がある。唐揚げにも合うたれ」と笑顔。大場さんは「開発の難しさを実感した」と振り返った。。カミシホロホテルの島田裕子支配人は「生徒たちが考えて実践した経験を、今後の勉強や将来に役立ててもらえたら」と期待している。

 ホテル側でも今回の販売を通じて、上士幌餃子の改良を行う予定でいる。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス