北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当し、両市町の魅力を詰め込んだ一冊となった。同協議会の担当者は「白老や登別を旅する時のしおりとして、道内外の観光客に通年活用してもらいたい」と話す。

 「るるぶ」特別版は、変型A4判、オールカラー、32ページ。表紙は白老町のポロト湖や登別市の地獄谷などの写真と「絶景、グルメ、アクティビティ…楽しい旅が待っている」というキャッチコピーで構成される。

 特集では、白老町西部の庭園施設「ナチュの森」と同東部の「民族共生象徴空間(ウポポイ)」を計10ページにわたり紹介。ナチュの森は庭園や工場、自然と科学を体験できる施設「森の工舎」を写真を多用して解説している。ウポポイは伝統芸能の上演、工房の体験メニュー、国立アイヌ民族博物館の展示資料などの魅力を入れ込んだ。登別市は4ページで温泉地域のテーマパークやホテル、飲食店を紹介する。

 このほか、両市町の1年間のイベントや祭りをまとめた「四季のカレンダー」、各市町の魅力を存分に味わえる1泊2日のモデルコースなどを掲載。巻末にはドライブマップ、高速道路や公共交通機関を使った際の所要時間をまとめた表が付く。

 同連絡協議会は、年間来場者100万人の達成を目指すウポポイをはじめ、各観光地や観光施設の支援を目的に、「るるぶ」特別版の発行を企画。幅広い層に宿泊を伴う旅を促す内容になるようJTBパブリッシングに依頼した。

 作製費は化粧品製造販売のナチュラルサイエンス(東京)による両市町への企業版ふるさと納税の寄付から867万9000円を活用。2024年度事業として手掛けた。両市町や近郊の公共・観光施設を通じ、無料配布を進めていく。

 担当者は「両市町の魅力を余すところなく盛り込んだ特別版をぜひ手に取り、まちに関心を持って来てほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは登別市・白老町観光連絡協議会(登別市役所観光振興グループ内)、電話0143(83)5301。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス