北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房のチーズが入賞した。

クリームチーズなど入賞したチーズをPRする十勝野フロマージュの従業員

 同アワードは国内のチーズコンクールで初めて、チーズの専門家のみによる「国際基準」の鑑評を導入した。テイスターや輸入・商品開発の関係者、海外のチーズコンクールで審査経験のある人などチーズの専門家のみが審査を担当。審査基準も、外観や風味などをヨーロッパで浸透している配点で評価し、審査員に当日までどのカテゴリーを担当するか伝えない「国際基準」で、公平性を高めた。

 18カテゴリーに28都道府県の59工房が166点のチーズをエントリーした。十勝管内では、十勝野フロマージュが「クリームチーズ」などで金、銀、銅の各賞を1点ずつ、チーズ工房NEEDS(幕別)が「大地の耀」などで銀賞2点と銅賞6点、キサラファーム(清水)が「ラクレット」などで銅賞2点、広内エゾリスの谷チーズ社(新得)が「コバン」で銅賞に輝いた。

 フレッシュ部門で管内最高位の金賞を受賞した十勝野フロマージュの「クリームチーズ」は、中札内産生乳と十勝産生乳の生クリームでつくる一品。柔らかくなめらかな口当たりが特徴で、赤部順哉社長は「昨年製法を改良し、より口当たりをなめらかにした。受賞を励みに、今後もより良い味を求めていきたい」と話した。同社では、受賞したチーズ3点の詰め合わせセット(3000円、送料別)をECサイトで販売している。

 同アワードは2年に1度の開催で、次回は2026年6月の予定。

関連記事

室蘭民報

メロン街道に甘~い香り 有珠直売所オープン【伊達】

 伊達市の有珠地区を走る国道37号沿いの通称「メロン街道」で農家の直売所がオープンした。きれいな網目で、芳醇(ほうじゅん)な香りの大玉メロンが観光客やドライバーを呼び込んでいる。  18日まで...

十勝毎日新聞

チーズやワイン…十勝堪能 フェスティバルに300人【帯広】

 十勝産のワインとチーズ、パン、和牛を一堂に集め味わうイベント「十勝フード&ワインフェスティバル」が12日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約300人が来場し、十勝の美酒美食を堪能した。 ...

十勝毎日新聞

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる【広尾】

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

室蘭民報

絶品ビーフシチュー、創業からのレシピで 登別グランドホテル、カフェ「ユー..

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町、中牧昇一代表取締役社長)でカフェ「ユーカラ」が8日にオープンした。同店独自のブレンドコーヒーのほか、ホテル特製のビーフシチューやだし巻き卵を使用したメニュ...

室蘭民報

酔ってけ寄ってけ、浜町大入り ビール最高、夏日満喫【室蘭】

 室蘭中央飲食店組合(波多野光則組合長)主催の「酔ってけ浜町チャリティービアフェスタ」が11日から、室蘭市中央町アーケードで始まり、来場者たちがビールを片手に暑さをしのぎ、まちを活気づけた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス