北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「拠点港」室蘭決定、洋上風力作業のSEP船 24日入港予定、推進活動弾み【室蘭】

室蘭港を拠点港とすることが決まったSEP船・柏鶴(大林組ホームページより)

 大林組(東京)と東亜建設工業(同)が所有する、洋上風力発電設備の要となる自己昇降式作業台船(SEP船)・柏鶴(はっかく)が、室蘭港を拠点港とすることが決まった。24日に入港する予定で、7月5日にセレモニーを行う。室蘭港では清水建設(同)が所有する「BLUE WIND」が母港としており、洋上風力活用による地場産業活性化を目指す室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)の活動などの弾みにもなりそう。

 大林組と東亜建設工業は、国内の洋上風力発電所建設市場拡大への対応として、2018年にSEP船の建造に着手。大型化への対応として、クレーンによるつり上げ能力の増強などで設計を変更。23年4月に完成した。造船会社・ジャパンマリンユナイテッド(神奈川)が基本設計から建造までを一貫して担当した。

 風車の基礎から組み立てまで対応可能なクレーンを搭載しているほか、洋上風力発電付帯工事や通常の港湾工事にも対応。風車のメンテナンスや地盤調査用の作業台船としても使用可能という。

 室蘭では洋上風力関連の産業が徐々に広がりを見せている。「BLUE WIND」は日本製鋼所M&Eが製造した風車タワー用の架台を積み込んで、国内最大級である石狩湾新港での洋上風力発電建設工事に従事している。

 市と清水建設は22年、SEP船の母港を室蘭港とする協定を締結した。市によると、昨年はSEP船の入港料や港湾施設使用料として約1400万円が市の収入となったほか、入港手続きを行う船舶代理店に加え、各種作業に伴い鉄鋼、造船工場で経済効果があったという。また、作業員の交代や視察で宿泊が延べ100泊以上あったほか、飲食やタクシー利用による滞在効果もあった。

 洋上風力を巡る動きは盛んだ。DENZAI(東京、本店・室蘭)はドイツ社製の2500トン吊(つり)クローラークレーンの導入を決定。10月からの稼働を予定しており、風車の大型化に対応。MOPAの賛助会員である関西電力(大阪)は人材育成の一環として、MOPA正会員・室蘭工業高校での出前授業を開始。MOPAも7月に室工高と日本工学院北海道専門学校を対象とした特別講演を行う計画で、ものづくり、人材育成双方での取り組みが進められている。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス