北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

笑顔あふれる人形が歓迎 宮竹さん8日から6年ぶり作品展【函館】

函館で6年ぶりの展示会を開く宮竹真澄さん(左)と博信さん

 旭川在住の人形作家、宮竹真澄さん(74)による作品展「心のふる里人形展」が8日から函館市地域交流まちづくりセンターで開かれる。函館では2018年以来通算4回目。近作を含む50作品(150体)の展示を予定。ぬくもりと笑顔あふれる人形たちが来場者を出迎える。

 宮竹さんは独学で人形制作を始め、1991年に道内に移住。粘土で成形し、水彩絵の具で着色する作品では、自身の原風景や市井の人々の喜怒哀楽、土地に根付いた文化などを表現した作風を確立。2008年から夫の博信さん(75)と全国各地を巡り、人形展を開催し、これまでに北斗市で2回、函館で3回の展示会を開いている。

 近作の一つ、「マスクを外したら」は4人の女性が談笑する様子を表現し、他愛もない会話が聞こえてくるかのような作品。宮竹さんは「これまでと路線は変わらないが余計に笑顔の作品が増えた。より一層気持ちを込めている」と話す。人物以外の手間がかかる牛乳缶を載せた馬そりなど小道具類にも力を注いできたという。

 新作では宮竹さん自身が3歳頃に撮影した家族写真の構図を再現した作品は「緊張した様子で着飾っている私にとって大事な風景ですが、皆さんが(似たような経験を)持っているのでは。楽しく見てほしい」とする。

 また、各地の展示会場で作品の写真にエッセーを添えたパネルが好評を得て、昨年末から挑戦したクラウドファンディングなどで費用を集め、作品集「シニア世代の絵本のような本 心のふる里人形展」にまとめた。各作品に込めた思いや背景を、夫婦二人三脚で歩んできた活動もまとめた。函館会場でも販売する。

 宮竹さんは「いろいろと抱えている気持ちがあるかも知れないが、作品を見て気持ちを若返らせたり、頬を緩めて一緒に笑ってもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 17日まで。午前10時~午後5時(最終日午後3時まで)。入場料は一般500円、大学・高校生300円、小中学生100円。作品集はA4判100ページ、3000円(税込み)で販売。問い合わせは宮竹さん(0166・36・6221)へ。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス