北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新コムニ団地完売 子育て世帯住み替え多く【更別】

 更別村が2021年から分譲していた「新コムニ団地」の25区画(1区画はアパート)が23年度で完売した。子育て世帯の購入が多く、予定より1年早い完売となった。24年度からは更別農業高校の隣接地に、新たな分譲地の造成も開始する。

花園プラムタウンの造成地。国道236号に隣接し、空港などへのアクセスも良い立地

 新コムニ団地は、国道236号沿いで、国保診療所や老人保健福祉センターなどがある「福祉エリア」に位置する。07年に分譲を開始したコムニ団地(36区画)に隣接する。

 コムニ団地の分譲には14年がかかったため、村も新コムニ団地の完売の早さには驚く。購入者は子育て世帯が大半を占め、仕事をリタイアした世帯なども見られる。村民がアパートなどから「住み替え」したケースが多く、24区画中、18世帯が村民、移住者は残りの6世帯だった。

 企画政策課は「コムニ団地完売後、新コムニ団地の造成で切れ目なく宅地分譲できた」と振り返る。

 この「切れ目のない宅地分譲」を引き続き進めようと、村は24年度から新たな宅地分譲地「花園プラムタウン」を造成する。24年度予算には宅地分譲整備事業に9688万円を計上した。

 同タウン造成地は、新コムニ団地と同じく国道236号沿いで、更別農業高校に隣接する3万560平方メートルの旧農地。3期に分けて工事を行い、24年度は15区画を整備し、3年間で計44区画を造成する予定。26年度の造成では、民間の賃貸住宅用の区画を確保しているほか、宿泊施設の誘致も念頭に置く。

 24年度整備の15区画は25年度に分譲開始予定で、村民向けの先行申し込みも実施予定。同課は「(宅地の引き合いは)いったん落ち着いたという見方もあるが、移住者などが希望する際に迅速な対応ができるよう、余裕を持った整備を進めたい」と話す。また、過疎債が活用できる期間内で、一定のハード整備を進めたいとしている。

 西山猛村長は分譲地造成を行う上で、移住・定住対策のポイントに子育て施策を挙げ、「医療費や学校給食費の無償化、高校入学金支援金10万円支給など子育て支援を継続して充実させていく」とアピール。「(宅地分譲の)勢いを持続させ、村の活性化につなげたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス