北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

規格外野菜 飲食店へ橋渡し 市内の岸田さん新会社「MX」設立【帯広】

新サービス開始に意欲を見せる岸田さん(中央)。TIPの仲間のまぶちファームの馬渕裕貴さん(右)と、トヅキ合同会社の石川朋佳さん(左)がアドバイザーを務める

 帯広でテークアウト専門店を経営する岸田友恵さん(51)は新会社「MX」(帯広市)を設立し、規格外で廃棄予定の野菜を生産者が直接レストランなど食品取扱業者に販売できる新たなマッチングウェブサービスを今夏にも始める。農産物の高付加価値化を図るのが狙いで、自社加工もこれまで同様、積極的に受ける考えで、事業拡大に向け、工場建設も計画している。

 岸田さんは帯広市生まれ。35年間、飲食業界に身を置き、2018年からは市内でテークアウト専門の「MOGMOG&」を運営。21年からは「十勝plusLLC」の屋号で百貨店バイヤーを通じ、生産者の依頼で規格外野菜のレトルト商品やスープなどを小ロットから請け負い、全国の百貨店などへ販売する事業に携わってきた。

 提供予定の新サービスは「MXマーケットプレイス」で、生産者が規格外野菜などをウェブ上で直接、消費者や飲食店などに販売できる。食品取扱事業者が自社商品を販売できるほか、MXが生産者の依頼で原料加工・商品化も行う。

 昨年、起業塾「とかちイノベーションプログラム(TIP)」(9期)に参加、事業の拡大を検討。TIP7期生で、ウェブメディア事業を展開する「スマヒロ」(帯広市、北川宏社長)のマッチングシステムを活用することとした。料金システムなどは最終調整中。参加する生産者などの募集を開始した。

 岸田さんは、国内で収穫される野菜の約20%が規格外などで廃棄されているとし、「廃棄に悩む生産者が多い。規格外野菜に特化したマッチングサービスは珍しいと思う。付加価値を高め、農業王国・十勝で課題解決に取り組みたい」としている。

 MXは3月、資本金300万円で設立。TIPの仲間らが取締役や顧問などでサポート。自社加工は現在、MOGMOG&内で行っているが、手狭になっているため、市内に工場兼販売拠点を新設する予定で、物件を探している。問い合わせはMX(0155・67・6072)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス