北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

全道フットサル選手権大会で準優勝したAreareaの選手たちと大野町長(後列右)

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサッカー少年団「Arearea(アレアレア)FC」(本庄宏太郎監督)が準優勝する快挙を達成し2月29日、役場静内庁舎を表敬訪問し、大野克之町長に大会結果を報告した。

 同大会には全道から地区予選を勝ち抜いた24チームが参加。8ブロックに分かれて予選リーグを行い、各1位チームによる決勝トーナメントが行われた。

 準優勝したAreareaは、主将山腰崇真君(2年)、キーパーの中村楓真君(1年)、大沢瑛明君、沖中理巧君、川上光君、林莉句君、佐々木梛智君、鳥海隼人君(以上2年)、佐々木湊人君、植村煌心君、竹内貴都君、津山亘也君、二子玄路君、中川蓮君(以上1年)の14人のメンバー。

 24日の予選リーグは、長沼町立長沼中(空知)に4―0、Regaris小樽(小樽)に6―2で勝利し、1位で予選リーグを通過した。

 25日の決勝トーナメントでは、1回戦でプログレッソ十勝(十勝)と対戦し2―1で勝利。準決勝では強豪のSSSジュニアユース(札幌)に3―3と同点となり、PK戦4―2で勝利。決勝戦は、前年優勝チームの札幌大谷中学校サッカー部(札幌)に0―4で敗戦した。

 主将の山腰君は「最初の試合は緊張した。得点後は、徐々に落ち着き試合ができた。準決勝の試合が一番苦しい戦いだった。全員で頑張り決勝までいけた」と話した。本庄監督は「予想以上の選手の頑張りでした。決勝での負けが、今後のプラスになるようトレーニングを積んでいきたい。これからも選手と一緒に全国出場を目指したい」と選手をたたえた。

 大野町長は「準優勝おめでとうございます。今後もさらに全国大会を目指して活躍してほしい」と激励した。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス