北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先的にガスを供給できる体制も整える。ガス管の耐震化率も昨年100%を達成し、災害に強いガス供給体制の構築を進めている。

 同社では現在、仲浜工場(仲浜町2、施設能力日量最大37万4000立方㍍)において、天然ガス(LNG)に液化石油ガス(LPG)を加えて熱量を調整し、都市ガスを製造。釧路市と釧路町の一部約6万9000世帯にガスを供給している。

 しかし、同工場は標高3~5㍍に位置しており、津波に備えコンクリート塀や遮水扉を設置しているものの、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震で大津波が発生すれば工場停止が避けられないことが、新たに公開されたハザードマップで判明。「3年前から対策を始め、真冬に仲浜工場が停止しても供給が継続できるよう、津波浸水の恐れがない高台に工場を増設することとした」と長島保典常務が説明する。

 新たな工場の建設予定地は、桜ケ岡4の釧路コールマイン隣接地で、標高31㍍。現在の1日の供給量約25万立方㍍の約7割をカバーできる、日量最大16万8000立方㍍を製造できる施設。平常時は仲浜工場をメインに稼働させるが、非常時にすぐ稼働できるよう全体の1割程度は桜ケ岡で製造する。原料のLNGはタンクローリーで石狩から北海道横断自動車道を通り、市街地を回避して工場に供給することができる。

 敷地面積は、仲浜工場の約2倍の1万5000平方㍍。工場以外の土地は、復旧作業のため全国から派遣される応援隊の受け入れ基地として活用する。

 着工は3月の予定だが、すでに周辺の導管を大口径のものに更新するなど整備を行っている。市内の主要病院周辺は高圧パイプに更新し、優先的にガスを供給できるよう整える。

 また、ガス導管は1993年の釧路沖地震発生以降、地盤の移動に強いポリエチレン管や鋼管への更新を進めてきたが、30年かけて総延長1021㌔の耐震化を完了した。管路に大きな被害が出た場合は、ブロックごとに遠隔操作で供給を止める装置も配備している。

釧路ガス本社

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス