北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧高専の「樽前ワークス」学生フォーミュラ出場マシン製作

苫小牧工業高等専門学校の学生有志でつくる「樽前ワークス」は、2025年の学生フォーミュラ日本大会(自動車技術会主催)出場に向け、マシン作りに着手した。このほど、試作機製作へ本田技研工業(東京)からマシンのエンジンに使用予定の部品が届き、メンバーたちは一層気合が入っている。

部品取り用のオートバイが届き、マシン製作への意欲を高めるメンバーたち

 全国の大学生や高専生らがチームを組んで1年かけてフォーミュラスタイルの小型レーシングカーを設計、製作する「学生フォーミュラ」。直線、8の字などのコースで車両走行性能を競うほか、プレゼンテーションやデザイン、コスト審査を経て、ものづくりの総合力を競う。

 世界統一ルールで実施され、日本では2003年に初回が行われて以降、例年夏に静岡県や愛知県などで開催されている。

 苫小牧高専は、学生の教育研究を応援する「教育研究改革推進プロジェクト」の一環で、同大会参戦を目指し22年12月に樽前ワークスを設立。1年生から専攻科2年生までの車やバイク愛好者など約20人が月1、2回程度集まり、大会出場に向けた準備に励んでいる。

 23年3月に北海道科学大学短期大学部製作のマシンを見学したのを皮切りに、7月、自動車技術会北海道支部主催の合同試走会で道内の参戦予定の大学や高専と交流。大会に関する情報を集めながら、夏以降は山口東京理科大学提供の設計データや北海道科学大学短期大学部提供のマシンフレームを参考にパソコンで図面を作成してきた。

 本田技研工業からの部品提供は昨年7月、エンジン供給のスポンサーシップ獲得へ5年の松本昇磨さん(20)=前チームキャプテン=が同社にプレゼンテーションを行ったことがきっかけ。1月中旬、モトクロス競技用のオートバイ「CRF450R」1台と予備用エンジン1基がメンバーの下に到着した。

 「作業はこれまで製図がメインで実物に触れる機会は少なかったが、部品到着で大きな進展が見込まれる。チームの連携を強化したい」と4年の中嶋一心さん(20)。チームキャプテンの有坂優宏さん(19)も「ついに始まったという感じ。チーム一丸となってノウハウや技術を培いながら大会に向けてマシンを製作していきたい」と意気込む。

 今回届いたオートバイについてはエンジンを取り外した上、自分たちで製作予定のマシン本体に組み付ける。今年夏ごろまでに試作機を仕上げ、それを基に1年かけて大会に出場できるマシンを完成させたい考えだ。

 樽前ワークスは資金面、技術面で支援してくれる個人、団体を募集中。学校教員アドバイザーの金子友海特命准教授は「足回りの設計を指導したり、溶接場所を提供したりできる人を探している。この活動が面白そうだと感じた人はぜひ連絡を」と呼び掛けている。

 問い合わせは金子特命准教授 メールt_kaneko@tomakomai-ct.ac.jp。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス