北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

全体を「恐竜のまち」拠点に 新博物館と温浴カフェは一体化 むかわ町復興拠点

むかわ町は15、16両日、胆振東部地震からの創造的復興を目的とする「復興拠点施設等整備事業」の中間報告会を鵡川、穂別の両地区で開き、穂別地区で進める新たな博物館、温浴カフェ、まちなか交流拠点施設の周辺一帯を再生する事業の概要を明らかにした。新博物館と温浴カフェの施設は行き来しやすいよう一体化し、新たなまちの顔となるランドマークとして想定。同地区全体を「恐竜のまち」としてアピールする拠点にする。

新穂別博物館のイメージ図。奥は隣接する温浴カフェ(むかわ町提供)

 事業の内容は、2022年度末に完成させた基本設計(エリアデザイン)に、これまでの説明会で町民から寄せられた意見などを反映させた。施設の実施設計や建設、運営は岩倉建設苫小牧本店や地元の山越組、シオニーなど6事業者が担当し、実施設計は現在進められている。

 町によると、既存の博物館と新博物館を含めた一帯を新たなまちの顔「むかわ恐竜コア」として位置付ける。新博物館の館内は恐竜骨格の展示を中心とし、ストーリー性のあるエリア構成とする。屋外には、既存の博物館との間でイベントができるような開放的なスペース(広場)を設ける。

 温浴カフェは新博物館とデザインを一体的にして整備。町内外から訪れる来館者の温浴施設や休憩所として機能させる。災害時にはエントランスホールや広場、駐車場を一時避難場所として使用できるようにする。またRVパーク(車中泊専用駐車場)を新設し、隣接する既存のアースギャラリーを貸室利用や休憩所として活用。博物館や温浴カフェとの相乗効果を図っていく。

 市街地に整備するまちなか交流拠点施設は、胆振東部地震の際に仮設生徒寮として活用した役場本庁舎横のモバイルハウスと穂別地区のサテライトオフィスを穂別地区市街地に移設。新たな「復興のレガシー」として再利用する。

 建物の総事業費は現段階で約18億円を見込んでいる。新博物館は25年度に建設工事に取り掛かり、26年春に開業予定。温浴カフェは新博物館に先立ち今夏に着工し、来春のオープンを目指す。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス