北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

労働契約問題など学ぶ 浦河赤十字看護専門学校 司法書士の法律相談教室【浦河】

郷家さんから法律知識などを学ぶ看護学生たち

 札幌司法書士会(後藤力哉会長)主催の司法書士による「無料法律教室」が14日、浦河町東町ちのみ1の浦河赤十字看護専門学校で開かれ、1年生7人がトラブルに巻き込まれやすい労働契約問題やキャッシングなどの借り入れの恐ろしさなどを学び、私生活に役立てようと耳を傾けた。

 同会では、近年、若者が悪質商法を始めとする消費者トラブルに巻き込まれたり、クレジット・サラ金の安易な利用で多重債務に陥るケースが増加していることや、令和4年4月から成年年齢の変更で、今まで未成年として法的保護を受けてきた18歳、19歳の青少年も法的保護が無くなったため、法律知識の習得が急務ととらえ、就職や進学を控えた若者を対象に、同会所属の司法書士による無料法律教室を2000年度(平成12年度)から開催している。

 浦河赤十字看護専門学校の法律教室は、浦河町堺町西4の郷家総合事務所の司法書士・郷家丈史さん(42)が講師となり、毎年この時期に同校で行っている。

 郷家さんは「最低限の知識を得てトラブルに巻き込まれないように役立ててほしい」とあいさつ。前半は労働契約の権利と責任の説明、労働基準法などをパワーポイントを使って説明。正社員・アルバイトの区別なく経営者と労働者には労働契約が成立しており、経営者と労働者がそれぞれの立場で守られるべき権利と守るべき義務があることを解説。

 後半は「契約するとは?」をテーマにクレジットカードやキャッシング、連帯保証人の注意点、20代前半の若者が借金問題で悩んでいる事例も話した。

 郷家さんは生活苦にならないために一番大切なことは「一人ひとりの生活の中にある」としたうえで、「社会人になっても健全な金銭感覚を持って」と呼び掛けるとともに、「法の不知はこれを許さず」の言葉を紹介した。

 学生たちは、いつ起こるかわからない事案に対処するための知識を身に付けるため、集中して講義を聞いた。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス