北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アイヌ文化「体験し広めたい」 大地連携ワークショップ 全国の大学生16人参加【平取】

「カムイノミ」を体験する参加者たち

【平取】全国の大学生らがアイヌ文化や地域が抱える課題について考え、アイデアを地域と共有し地域文化振興を目指す講座「大地連携ワークショップ冬inびらとり」(町主催)が二風谷地区で12日から始まり、イオル文化交流センターでオリエンテーションが行われた。16日までの5日間の日程でアイヌ文化体験をする。最終日は発表会を行い、学生目線で町やアイヌ文化の振興について提案する。

 今回は全国から26人の応募があり、慶応大、立命館アジア太平洋大、北大、東京外国語大、日本女子大、京都大などから16人を選抜。

 ワークショップは今年度で11年目(夏・冬の年2回)の開催。2012年(平成24年)「東日本圏の大学間連携共同教育推進事業(文科省補助事業)の関係機関として町が参加し、補助事業として2年間実施。以降も町単独事業として続けてきた。19年(令和元年)5月のアイヌ施策推進法施行で、アイヌ政策交付金制度が創設。20年に「新たな大地連携ワークショップ事業」として全国から参加募集し夏と冬の年2回に拡充した。びらとり大地連携協議会を設立し、初代会長に小田隆治さん(山形大名誉教授)ほか、4人の大学教授らに委員を委嘱した。

 13日はアイヌ語学習や口承文芸見学、木彫り体験、アイヌ古式舞踊体験、グループワーク。14日はIWORアイヌ文化ガイドツアー、アイヌ文様刺繍体験、グループワーク。15日はアイヌ伝統料理体験、アットゥシ織・ブレスレット作り体験、グループワーク中間発表などを予定している。

 遠藤桂一町長は「アイヌ文化を体験してもらい、感じたことを情報発信してほしい。今年度はイギリスのジャパンハウス・ロンドンでアイヌ文化を紹介する展示会を行っている。予想以上に興味を持っていただきワークショップなどが好評を博している。今回の体験を有意義な時間にしていただきたい」とあいさつ。

 オリエンテーション後は、平取アイヌ協会青年部の門別徳司さんから二風谷コタンのチセでワークショップの成功を願い「カムイノミ」(神への祈りの儀式)の儀式の作法を教わった。

 岩隈航男(こなん)さん(東京外国語大4年)は「沖縄の方言など危機言語(危機に瀕する言語)に興味があり、アイヌ語について知りたいと思った。復興させるためにどのような取り組みがされているか知りたい」、宮井知優(ちひろ)さん(日本女子大3年)は「アイヌ文化の表面的なことは知っているが、自分自身が体験してアイヌ文化をどう広めていくか学習したい」と話した。

 発表会は、16日午前9時20分からイオル文化交流センターで行われる。オンラインでも配信され、一般の見学もできる。詳しくは町ホームページへ。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス