北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

手製リンクに児童の笑顔 浦河第二中浦河東部小 地域と学校が協働し造成【浦河】

浦河第二中のスケートリンクでスケートを楽しむ浦河東部小の児童たち

 浦河第二中のグラウンドの一角にある小さなスケートリンクでは、同校に隣接する浦河東部小の1、2年生児童が授業や遊びでスケートを楽しんでいる。

 地域と学校が協働・連携し、子どもたちがスポーツに親しむ環境整備や健全育成の取り組みとして1千平方㍍ほどの手製のリンクを造成しており、町教委も協力。

 近年、暖冬と積雪量の少ない状況から、学校のグラウンドに本格的なスケートリンクを作ることが困難となりPTAからも「昔のようなリンクはもう作れないのでは」という声も上がる中、有志が集まり「何とかしてスケートリンクを作ってあげよう」と手製のリンクを作り続けている。

 夕方から外気が冷え込んでくると、有志やPTA、学校の教職員らが集まり、グラウンドへの水撒きを開始。通常は、雪を締め固めて水を撒いて凍結させ、氷の状態が安定したリンクを作るが、積雪量が少ない状況では、水を撒いてもグラウンドの土に水分が吸収されてしまうため、気温が氷点下5度以下になるのを見計らって水を撒き、下地となる氷を張り、少しでも雪が降れば、その上からさらに水を撒いて溶けにくい氷を作っていく作業を3日間ほど繰り返しリンクが完成。

 できあがったリンクには、児童たちが追いかけっこをしたり、手を繋いで滑ったり、楽しそうに遊ぶ姿がある。浦河東部小の中島主税校長は「子どもたちは学校だけではなく、地域との関わりの中で育っていく。この地域から、スポーツで世界を目指す選手が輩出されているのは、地域の人たちの支援や後押しがあるからこそ。こうした教育環境に置いてもらっていることに感謝している」と話した。

 リンク作りに取り組む有志の一人で、元男子スピードスケート日本代表の小田卓朗さん(町教委勤務)の父秀輝さんは「スケートを始めたばかりの子どもたちにとって、1周400㍍のリンクを滑るよりも、遊びながら楽しく滑れる身近なリンクがあることが大切。楽しくないと練習も続けられない」と話し、「リンク作りは、子どもたちのためにやっていることでもあるが、学校の先生たちに地域のことを知ってもらうきっかけや、仲間たちと交流を深める場にもなっている。子どもたちから感謝の手紙をもらうこともあり、そういったことがやる気に繋がっている」と笑顔を見せていた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス