北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

112年前鉄道路線図現存 「カメラ撮影のむらかみ」で展示 白老

白老町東町の「カメラ撮影のむらかみ」で9日から、1912(大正元)年発行の鉄道路線図を展示している。社長の村上和義さん(82)が5日に同地区の知人から譲り受けた。次男で白老商業振興会理事長の英明さん(52)も「現在の駅名とは違う呼び名も見られ、珍しい」と語る。

額装された大正元年製の鉄道路線図を眺める英明さん

 路線図は、旧帝国時代の領土だった樺太(現サハリン)や台湾、満州、韓国までを網羅した内容で横に長く、大きさは縦18センチ×横130センチ。蛇腹状に折り畳まれているものを広げて額装している。奥付によると初版は120年前の1904(明治37)年11月とあり、改訂を重ねて「修正第39版」と書かれている。発行元は、大阪市の和楽路屋(わらじや)とある。

 胆振周辺に目を落とすと、苫小牧は「苫古まい」の表記。室蘭方面の隣駅は「尓したぷ(錦多峰=現JR錦岡駅)」、白老の次は「知床」とある。アイヌ語のシルエトク(地の突き出たところ)が由来で、現在の萩の里自然公園辺りの地形を表す。駅名は39(昭和14)年に地域の字名が「萩野」とされたことに伴い、42年に国鉄「萩野駅」と改称した。

 英明さんは「知床というと道東の知床半島が有名だけど、白老にも『知床』があったんだよね」と感慨深げ。和義さんも「あの辺りはまだハマナスが自生しているね」と言い、知床旅情を口ずさんだ。

 「しきふ(敷生)」は現在のJR竹浦駅の旧名。オニカヤの群生地を意味するアイヌ語由来で1897(明治30)年にでき、北海道炭礦鉄道の駅として誕生した白老駅の92年に次いで古い。登別駅は「登り別」と送り仮名の「り」が振られている。

 同店の前身は駅前にあった村上商店で、1890年代から1960年の初めごろまで存在した和菓子「雁月」(がんづき)と「泡雪」(あわゆき)の製造元として知られる。店内には以前から二つが白老を代表する和菓子であったことを示す1960年製の鉄道地図も展示しており、英明さんは「興味のある人は見に来て」と呼び掛ける。もらい受けた和義さんも「譲ってくれた人の思いに応え、大事にしたい」と話している。

 営業時間は平日午前9時~午後6時、日曜祝日は午前9時半~午後2時半。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス