北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

名士の演技に拍手喝采 初春巴港賑50周年公演【函館】

5人の盗賊と捕り手の名セリフが飛び交い決めポーズで拍手喝さいを浴びた「白浪五人男」

演者と観客一体

 函館の名士が演じる市民歌舞伎「初春巴港賑」(はつはるともえのにぎわい)創設50周年記念第41回公演(NPO法人初春巴港賑主催、函館新聞社など後援)が11日、函館市民会館大ホールで開かれた。「口上」に続き「白浪五人男 稲瀬川勢揃(そろ)いの場」と「勧進帳」のほか、幕間に節目を祝う演舞や演奏を行い、約1040人の観客を楽しませた。

 同会館の開館で開催の機運が高まり、1973年に始まった。開場時には市消防音楽隊が「はこだて賛歌」など3曲を演奏し来場者を迎えた。口上では今均実行委員長、大泉潤函館市長、冨原亮道議会議長、中村慎也日銀函館支店長ら5人が並び、今実行委員長は「市民が演じ運営し、観客が一体になって楽しむのが初春巴港賑。ご来場の皆さま、世界の安全を祈り演じたい」と述べた。

 「白浪五人男」では「志ら浪」と書かれた傘を持った日本駄右衛門、弁天小僧菊之助らが花道をさっそうと登場。捕り手も負けずと威勢の良い声を張り上げて駆け引きを演じた。  歌舞伎十八番である「勧進帳」は初春でも人気が高く、今年は武蔵坊弁慶を函館子ども歌舞伎で活躍した黒滝達也さんが演じた。にせの勧進帳を長々と読み上げ、酒に酔って舞う「延年の舞」で観客を沸かせたほか、富樫左衛門との山伏問答では迫真の声と演技を見せた。舞台は杵屋勝彦社中の長唄などが並び、華やかな一幕を彩った。

 幕間では函館邦楽舞踊協会の若柳英美代理事長、若柳英由紀さんの祝舞、常盤津「鶴亀」やRダンスカンパニーの「縄文ハーモニー」、函館巴太鼓振興会が祝太鼓を演奏した。

 最後は市教委の藤井寿夫の発声で三本締めを行った。

富樫左衛門(右、今実行委員長)、武蔵坊弁慶(中央、黒滝さん)の山伏問答などで観客を魅了した「勧進帳」

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス