北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ふれあい体験や手入れ見学など 3月31日まで アエル功労馬ファンミーティング【浦河】

ナカヤマフェスタとふれあう参加者

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで、13日から「アエル功労馬ファンミーティング」が始まった。3月31日まで。

 アエルでは、閑散期で例年客の足が遠のくこの時期に、少人数の参加者をスタッフがガイド役となり、4頭いる功労馬とのふれあい体験や手入れ見学、記念撮影会などを今年初めて企画。12月下旬にSNSで開催発表の募集をかけると、2日間で3月31日までの全日程が予約で埋まり大盛況となっている。予約者は道内外の主に20代~30代が多いという。

 ファンミーティングは、かつて中央競馬の重賞レースで活躍したオウケンブルースリとナカヤマフェスタ、スズカフェニックス、マイネルキッツの4頭の功労馬を各1頭ずつ3月31日までの土・日曜で順番に実施。

 14日には東京と札幌から来た2組3人が、普段立ち入ることのできないセンター厩舎内の洗い場でナカヤマフェスタ(牡、17)と対面。最初にアエル乗馬課スタッフがフェスタのプロフィールを紹介。参加者たちは馬の落ち着きを見ながら鼻先から鼻筋、顔と触れた。

 また、フェスタがアエルに来た時のエピソードを聞きながら、距離をどんどん縮めたてがみの付け根をマッサージするとフェスタもリラックスした様子を見せた。宝塚記念優勝時のレプリカゼッケンを手に記念撮影も。

 続いて特別に再現厩舎内へ移動し、他の3頭の功労馬にも干し草をあげるなどふれあった。最後に4頭の功労馬が映ったポストカードを参加者たちに配布してイベントは終了した。

 東京都江東区からアエルに宿泊して参加した鈴木賢さん(35)は「ナカヤマフェスタに会うのは今回が2回目。触れ合えたのは初めてなので感激している。とても大人しく意外な一面を見れてうれしい。とても貴重な機会になった」と喜んでいた。

 アエル乗馬課の太田篤志マネージャーは「次年度以降はお客様の反応や手応えを見ながらできることを増やしていきたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス