北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

きね握りペッタンペッタン 網走幼稚園で恒例のもちつき

「よいしょ、よいしょ」ときねを振るう園児

 【網走】認定こども園網走幼稚園(大林晃園長)で5日、園児のもちつきが行われた。毎年恒例の行事で、園児が一生懸命にきねを振るい、つき上がったもちは警察や消防など、日ごろお世話になっている人たちの元に届けた。

 この日は、大林園長のほか、園児の父親5人が〝助っ人〟で参加。教諭が「この人は、だれですか」と問いかけると、ちょっと照れながら「僕のパパ」と立ち上がり、お父さんの元へ駆け寄ると「頑張ってね」と励ましていた。

 大林園長がもちつきに使われる米と、ふだん食べているご飯の米の違い、もちつきに使う道具などを説明した後、蒸したもち米がうすに入れられると、園児から「うわぁ」と声が上がった。

 マイクを向けられた園児が、評論家よろしく「おいしそうですねぇ」とつぶやき、笑いが起きるなど、みなもちつきが待ち遠しそう。  お父さんたちがきねを手にぺったん、ぺったんともちをつき始めると、見ていた園児は「ガンバレ!ガンバレ!」と声をかけたり、もちつきの歌などでお父さんたちを応援した。

 もちがある程度つき上がったところで、いよいよ園児の番。年長組から潤に3人ずつ、きねを振るった。

 子ども用の小さいきねながら、さすがはお兄さん、お姉さんらしく、お父さんたちに負けないみごとなきねさばきを披露。周りの園児もきねの動きに合わせて「よいしょ、よいしょ」と掛け声を送っていた。

 このあと年中児、年少児と順についていったが、やはり年長児に比べぎこちなさはあるものの、うすから出る音はもちつきそのもの。みな笑顔でもちつきを体験していた。

 この日の昼食は雑煮で、園児たちは自分できねを振るったつきたてのもちに「おいしい」と舌鼓を打っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス