北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

手取菓子舗の「いちごけーき」 どさんこプラザ 有楽町店で1位を獲得【浦河】

手取菓子舗の陳列棚に並べられているいちごケーキ

 浦河町大通3の菓子店梅月堂手取商店(坂井ゆみ社長)で製造販売している「いちごけーき」が東京都内の北海道どさんこプラザ有楽町店で11月の1stルーキーズランキングで1位を獲得した。浦河産いちごを使用した商品にリピーターも増えているという。

 北海道どさんこプラザは、道が設置するアンテナショップで、道内で製造・加工された水産加工品、農畜産品、乳製品、酒類、民工芸品を取り扱っている。道内はもとより、東京都内を中心とする関東圏、仙台、名古屋、大阪の国内主要都市のみならず、東南アジアなど海外でも店舗展開し、道産品の展示・販売を通して道内企業のマーケティング活動の支援を行っている。

 同店では、どさんこプラザで新商品を3カ月間販売し、その過程で得られた情報をマーケティング活動に役立てるテスト販売制度を利用して、10月からの3カ月間、どさんこプラザ札幌店と有楽町店の2カ所に浦河産イチゴ「すずあかね」を使った「いちごけーき」と「浦河小唄いちご味」を出品。

 今回10月から11月のテスト販売期間に新商品として販売されている100品の中から「いちごけーき」が有楽町店で見事1位を獲得。札幌店では3位となった。また、「浦河小唄いちご味」は有楽町店4位、札幌店7位と好評だ。

 「いちごけーき」は、すずあかねのピューレといちご餡を生地に練りこみイチゴチョコレートでコーティングした焼き菓子で、「浦河小唄いちご味」はいちご餡が入ったパイ菓子。同店で一つひとつ手作りしている。

 ランキング1位を獲得し注文数も増えている状況に坂井社長は「経営難だった時期もあった中、会社全体での新商品開発や宣伝などに取り組み、日高信金の経営相談でのアドバイスをいただくなど、さまざまな方々の協力があったおかげで、こうした明るい話題に恵まれるようになってきた」と話す。

 「いちごけーき」と「浦河小唄」は、定番商品として常時販売しており、同店では「普段のお茶菓子としてだけではなく、お使い物やお土産、ご進物、供物などの盛り菓子としてもご利用いただければ」とPRしている。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス