北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

稚ウニ93万粒放流 市水産研、赤潮被害対策2年目【根室】

放流の準備をする漁業者㊦放流した稚ウニ(根室市提供)

 【根室】市水産研究所(工藤良二所長)は市栽培漁業研究センターで種苗生産した、エゾバフンウニの稚ウニ約93万粒の放流を行った。2021年の赤潮被害を受け、ウニ資源回復を目指して昨年から実施しているもので今年が2年目。16日は落石漁協分と根室漁協分の約65万粒の放流が行われた。

 種苗生産は5月に親ウニから採苗し幼生飼育を開始。6月に5㌧角形水槽で70万粒の生産計画で稚ウニ約115万粒の飼育を開始。初期餌料にアワビモ、アオサ、成長に応じて生コンブを与えるなど飼育を行い、最終的に計画、前年実績(約70万粒)を上回る約93万粒を生産した。

 生産された稚ウニは5㍉以上の規格種苗が45万粒、5㍉以下が48万粒で規格種苗は昨年の14万粒の3倍、平均殻長は約10㍉と前年を上回り、大きいもので23㍉ほどあった。昨年は初期餌料のアワビモの成長があまり良くなかったが、今年は十分量を確保でき、高水温も乗り切って大きいウニが生産できたという。

 稚ウニは赤潮被害割合により、落石漁協60%の56万粒、歯舞漁協30%の28万粒、根室漁協10%の9万粒をそれぞれ配布。15日には歯舞漁協分の放流が行われ、この日は落石漁協分と根室漁協分を実施。このうち、落石漁協分の放流では漁協の職員、漁業者、市職員、潜水士らが漁船で落石漁港から出港。潜水士がユルリ、モユルリ島周辺の海底に稚ウニを放った。市水産研究所の越智雄大主任(35)は「市内4漁協が運営する市ウニ種苗生産センターの10分の1に満たない量だが、資源を底上げするという意味で、少しでも放流することが大事だと思っている」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス