北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「せき止め」品薄じわり メーカー減産、インフル流行で【十勝】

 せき止め薬や痰(たん)を取り除く薬(去痰薬)が品薄となる動きが、十勝管内でも徐々に広がっている。医薬品メーカーの事情に伴う生産量減少に加え、全国的なインフルエンザ流行による需要増が要因で、これらの医薬品の供給や流通が安定するのは、「早くても年明け」(調剤薬局関係者)の見通し。十勝管内の医療現場は「まずは、インフルエンザや新型コロナウイルスに感染しないこと」と訴える。

インフル患者急増などの影響で、十勝管内でもせき止め薬や去痰薬が品薄気味になり始めた(帯広市内の調剤薬局)

 せき止め薬や去痰薬は、2020年末から相次いだジェネリック医薬品(後発薬)メーカーの不祥事による業務停止命令を受け、生産量が減少。途切れない新型コロナ感染者、全国的なインフルエンザの流行拡大、風邪のまん延による急激な需要増も、薬不足に拍車を掛ける状況だ。

 こうした状況を受け、厚生労働省は、医療機関や薬局などに「せき止め薬や去痰薬の処方を必要最小限に抑え、過剰発注を控えて」と都道府県を通して要請。医薬品メーカーにも増産を要請した。ただ、管内の調剤薬局は「年内に通常通りの流通体制になるのは難しい」とみている。

 十勝管内でも、医療機関が安易な長期処方を避けたり、患者の手元にある残薬を確認した上で処方したりする対応に加えて、薬局では系列店や地域で融通して過剰発注を控えるなどの動きが現れ始めた。

 現在は「ぎりぎりの状態」とする帯広市内の調剤薬局では、「錠剤から粉薬にするなど、患者の状態に合わせて処方している」と工夫する。別の調剤薬局では「急性期を優先し、慢性期の患者の処方日数は短縮している」などの影響を話す。同市内のクリニックは「処方を変えて漢方薬にしているが、漢方薬まで出荷が制限され始めた」と説明する。

 十勝管内では、すでにインフルエンザ「注意報」が発令され、23年第44週(10月30日~11月5日)の患者数は1定点医療機関当たり25.67人(速報値)。「警報」発令基準(30人以上)に近づくが「(コロナ禍前の)例年よりも早い流行で、ワクチン接種を予定している人も、まだ接種し切れていない。さらに増える可能性が高い」(帯広市内のクリニック)。

 帯広保健所でも、新型コロナ、インフルエンザ、アデノウイルス(咽頭結節熱)などの感染者や、風邪の患者が増えることで、「せき止めや去痰薬の枯渇も懸念される。まずは、感染しないことを心掛けてほしい」とする。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス