北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧工業高土木科3年生、コンクリート甲子園出場へ【釧路市】

 釧路工業高校土木科の3年生が、12月9日に香川県で行われる第16回コンクリート甲子園の本選に出場する。同校の本選参加は3度目で、生徒たちは「優勝目指して頑張ります」と意気盛ん。北海道生コンクリート工業組合と釧路生コンクリート協同組合(理事長・濱屋宏隆東部開発社長)の支援を受け、代表の生徒4人が現地入りする。

 高校生、高等専門学校生(3年まで)が出場するこの大会は、コンクリートの特性や配合設計の基礎知識を身に付けるとともに、実際のコンクリート材料に触れ、土木技術者として必要な感覚を身に付けることが大きな狙い。本選競技は、コンクリートの強度部門、デザイン部門とプレゼンテーションの3部門で、2019年の初出場では配合の意欲的な取り組みが評価されて特別賞を受賞。21年は予選を1位通過したが、強度の審査で上位に入れなかったことから、今回の大会に挑む生徒たちの気迫は十分だ。

 代表となった小川晃征さんは「とにかく楽しむ」を目標に挙げ、小松優希さんは「やれることをやるだけ」とやる気満々。大澤璃空さんは「負ける勇気を持って勝ちに行きます」、平川一輝さんは「全員が一丸となって戦ってきます」と10校で争う本選に向けて意欲を見せる。

 同校の作戦は、コンクリートの配合で、釧路らしく石炭の粉末を入れて組む。さらにデザイン部門では幣舞橋の夕日の情景を描き、釧路ならではの魅力を発信する予定。生徒を支援する濱屋理事長は「プレゼンテーションは原稿を手に棒読みすることなく、表現豊かに頑張ってきてほしい」と期待を込めている。

写真/コンクリート甲子園に出場する釧路工業土木科の生徒代表(前列左から)小川さん、小松さん、大澤さんと平川さん

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス