北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新嵐山再生へ熱気届け 展望台会場にサウナ試行【芽室】

 運営会社の破綻で閉鎖され、芽室町が2025年4月の再開を目指す町内の観光施設、めむろ新嵐山スカイパーク。再開の動きを後押ししようと、12日に新嵐山展望台を会場にしたサウナイベントが行われた。

展望台からの景観を満喫しながら「ととのう」時間を過ごす参加者たち

 同施設は10月から展望台を除く敷地一体が閉鎖されている。今回のイベントは町内外の有志約20人が集まり結成した「天空スカイサウナ実行委員会」(木村真之委員長)が企画した。

 町内在住の木村委員長(51)は、帯広市内で営むひまわり温泉がサウナ専門誌から賞を受けた経験がある。新嵐山展望台からの景観を生かしたサウナイベントは以前から構想があったとし、「今こそ構想を形にする時」と仲間と約1カ月で準備を進め、実現した。

 同施設の閉鎖が取りざたされた中で、木村委員長は「(周囲には)嵐山のために何かしたいという若者はたくさんいた」と話す。

 この日は実証実験の位置付けで全3回に分けて行い、関係者など約40人が参加した。展望台の一角には、モバイルサウナ、バレルサウナ、テントサウナが横一列に並び、水風呂も用意された。参加者はじっくりとサウナで汗をかいた後、展望台から眺める十勝平野の大パノラマを前に水風呂に飛び込み、身体をリフレッシュしていた。

 参加した池田町の介護職松本拓也さん(29)は「目の前にさえぎる物が何もない大自然でととのえる時間は最高」と、椅子に腰掛け絶景を眺めながら外気浴で「ととのう」時間を満喫していた。

 木村委員長は「これほどの絶景は他になく、十勝の観光につながる大きなポテンシャルがある。きょうの参加者の意見を聞きながら、定期的なイベントにしていきたい」と意欲を燃やす。実行委員で町の地域ブランディングに関わる中村真也さん(帯広)も「新嵐山が再生する大きなパワーになる。今回のこともチャンスに変えていければ」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス