北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝初「無印」開店 衣類や食品3000品目 「ハピオ木野」北隣【音更】

 生活雑貨ブランド「無印良品 ハピオ木野」が8日、音更町木野大通西7にオープンした。シンプルなデザインと品質の良さで幅広い年代に支持される同ブランド。十勝初、道東では20年ぶりとなる人気店の出店に、初日から多くの人が訪れた。

開店と同時に次々と真新しい売り場へ向かう来店客

 店舗は鉄骨造り平屋建て1740平方メートル。食品スーパー「ハピオ」の北隣に位置し、土地、建物ともJA木野(黒田浩光組合長)が所有。運営は国内で532店舗を展開する良品計画(東京)で、道東では2003年閉店の釧路店以来。

 初日は午前10時の開店前から約350人が列をつくった。午前7時から並んだ帯広市内の会社員木村束彩(たばさ)さん(23)は「わざわざ札幌に買いに行くぐらい無印が好きで、オープンをずっと楽しみにしていた。今日は休みを取って並んだ」と笑顔を見せた。

 販売商品は大きく「衣服」「生活」「食品」の3部門に分かれ、ベッドなどの大型家具やスキンケア類、キッチン、トラベル用品なども含め約3000品目が並ぶ。食品部門では、菓子類やレトルト食品の他、総菜系の冷凍食品なども販売。キンパなどの人気商品を目当てに来店した人もいれば、各コーナーをゆっくりと見て回る客もいて、それぞれ買い物を楽しんでいた。

 同社は「日常の基本を支える」商品を幅広く取りそろえるが、店頭で扱う商品は近隣施設とのバランスをみて展開。特に隣接するハピオとの連携を密にしていきたい考えで、柵山瑞妃店長(51)は「生鮮品や酒などの嗜好(しこう)品はハピオで、雑貨など生活用品は無印で買ってもらい、各店の強みを生かして相乗効果を目指したい」と話す。

 店内のイベントスペースでは年明けから地域と連携したイベントやワークショップ、地元企業の出張販売などを開催予定。企業方針の「地域の役に立つ」ことを実践し、地域の課題解決や振興に貢献したいとする。

 この日は管内だけでなく旭川や釧路などから訪れた人も。黒田組合長は「道東エリアのたくさんの方々がオープンを心待ちにしてくれていたと思うので、無印良品を存分に楽しんでもらえれば。無印のにぎわいが、音更ひいては十勝の活性化の良いきっかけになればと願っている」と話した。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス