北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

信号のない横断歩道 道内7割の車「止まらず」 JAF調査【帯広】

止まらない車の通過を待って信号のない横断歩道を渡る歩行者

 信号機のない横断歩道で歩行者が待っている際、道内では約7割の車が停止しないことが日本自動車連盟(JAF)の全国調査で分かった。道内の停止率は全国平均を大きく下回っており、十勝管内では帯広署や地元JAFなどが交通規則を守るよう注意を呼び掛けている。

 今回の全国調査は8~9月にかけて実施され、都道府県ごとに2カ所ずつ調査した。横断歩道を通過した計7087台の車が対象となり、停止したのは45.1%に当たる3193台だった。JAFによると、停止率は全国的に上昇傾向にあるものの道内では29.0%にとどまった。

8台目で止まった
 実際に道内の車はどれほど止まらないのか。今月初旬のよく晴れた日の午前中、記者がなかなか渡れないという情報がある帯広市内の信号のない横断歩道に立ってみた。

 横断歩道があるのは帯広百年記念館の前だ。片側1車線の直線道路で見通しはよく、横断歩道の上部には横断歩道を示す道路標識まで付いている。

 記者が百年記念館の方へ渡ろうと横断歩道に立ったところ、手前車線を5台、対向車線からも2台が速度を緩めることなく通過した。手前から来た6台目の軽自動車が止まり、対向車線の車が途切れたことでようやく渡ることができた。しばらく横断歩道を観察していると、歩行者がいても止まる車はまれで、車が途切れるのを待って渡る歩行者が目立った。

「車優先」根強く
 交通違反を取り締まる立場の道警は、ドライバーの車優先の意識の根強さに苦慮している。帯広署の堺玄州交通1課長は「信号のない横断歩道での取り締まりは常時しているが、止まらない車が多い。一歩間違うと命にかかわる事故に直結するので、横断歩道は歩行者優先だということを理解してほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス