北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

移住のパパママに交流を ワークショップ開催【帯広】

移住体験について語り合う参加者

 十勝へ移住してきた子育て世代の交流の場「とかちみんなでおしゃべりワークショップ 移住パパママ交流会2023」が9日、帯広市児童会館で開かれた。

 十勝圏複合事務組合と十勝総合振興局の共催。移住促進の取り組みの一環で、同世代のつながりを創出することを目的に開催し、今年で2回目。

 首都圏などから移住した20~40代の子育て世代の男女9人が参加。帯広市や浦幌町など管内自治体の移住担当者も進行役として参加し、意見を聞き取った。

 テーマは「子育て世代が移住する際のアドバイス」。前半は休日の過ごし方や教育について、後半は住環境と車社会について自身の経験を基に意見交換した。住環境については、「病院や図書館などエアコンが無い所があって暑い」「断熱がしっかり入っているので、夏はエアコンが必要」「水道凍結への対応が分からない」などの声が上がった。

 鹿追町から参加した笹木圭子さん(43)は、「他の移住者も自分と同じような経験をしていたことが分かった。移住者と話す良い機会になった」と語った。

 今後、十勝総合振興局が今回出た意見を基に移住を検討する人向けのデジタルパンフレットを作成する予定。

関連記事

苫小牧民報

「あびらの教育と暮らし、まるわかり」 ベスト育児制度賞受賞  安平

一般社団法人日本子育て制度機構(大阪市)が地域の優れた制度や取り組みをたたえる2022年度「ベスト育児制度賞」に、安平町の移住プロモーションサイト「あびらの教育と暮らし、まるわかり」が選ばれた。全...

苫小牧民報

「脳トレ」で運転能力向上を ゲーム感覚で楽しく 大北運輸

苫小牧埠頭グループの大北運輸(苫小牧市晴海町、藤永浩介社長)が、スマートフォンのアプリを活用し、安全運転能力の向上を図っている。8月中旬からゲーム感覚で楽しめるアプリ「BTOC(ビートック)」を取...

十勝毎日新聞

ケーキ切れ端 鶏の餌に 原料卵の仕入れ先に還元【清水】

 スイーツ製造・販売の十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)と、同工房に鶏卵を納めている清水町内の十勝エッグフォレスト(牟田健代表)は、ケーキなどのスポンジ端材を鶏の餌として与え、卵をスポンジの材料...

十勝毎日新聞

「散歩道」定着を 地域おこし協力隊の磯野さん 年内に5キロコース策定【広..

 広尾町の地域おこし協力隊の磯野巧さん(36)は、町内の田園風景や森林公園などを巡るフットパスのコースの策定に取り組んでいる。ルート上のポイントにQRコードを配置、スマホで読み取るとその場所の観光...

室蘭民報

ウポポイから初返還、恵庭アイヌ協会に 慰霊施設集約の9遺骨【白老】

 国は2日、白老町のウポポイ(民族共生象徴空間)内の慰霊施設で保管しているアイヌ民族の遺骨のうち、恵庭市内の遺跡などで発掘された9体を恵庭アイヌ協会(藤原顕達会長)に返還した。ウポポイの慰霊施設...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス