北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

大阪の高校生、網走で学ぶ 東京農業大学「高大連携プロジェクト」

 【網走】東京農業大学の高大連携による教育プログラムが網走市内で行われ、参加した大阪の高校生たちが、大学生らとともに網走を調査、探求するプロジェクトに取り組んだ。

 プロジェクトは、オホーツク地域の農業を題材に、市内農家の視察やヒアリングを通じ、農業と自身の生活のつながりを学ぶ「オホーツク学」、市内の生産や加工、流通の観点から課題を発見し、課題解決を探る「網走探求プロジェクト」の2つ。

 オホーツク学は大阪高、大阪国際中高、ヴェリタス城星学園高の生徒たち42人が参加。7月26日から29日まで3泊4日の日程で網走を訪れ、市内でのフィールドワーク、またオホーツクキャンパスで学生と交流した。

 網走探求プロジェクトは香里ヌヴェール学院高、追手門高、大阪星光学院高のから34人が参加。7月26日から31日まで網走に滞在。「未利用資源(ビノスガイ)」「環境と調和(エゾシカ)」の2グループに分かれ、現地調査やグループワークに励んだ。

 各プロジェクトとも、最後に同大オホーツクキャンパス大講義室で、最終報告会が開かれた。

 網走探求プロジェクトの報告会には、同大学長を務める江口文陽理事長をはじめ水谷市長、網走市観光協会の小澤友基隆会長なども出席。地元の立場でそれぞれの報告に耳を傾けた。

網走探求プロジェクトの成果を発表する大阪の高校生たち

 報告会の後、江口理事長は「新しいものを始める時は、五感を大切に。今回、チームを組んで取り組んだことが、将来のステップアップの一部になってくれれば」と総評。「自分1人だけでは、無限の可能性を広げられません。将来のキャリアデザインをしっかりと考え、大きく成長してください」と、網走での経験を生かした将来に期待を込めた。

 最後に、江口理事長と、生涯教育に取り組むNPO法人「学美舎(まなびや)」を立ち上げた香里ヌヴェール学院の池田靖章校長の連名で高校生に修了証を授与した。

 記念撮影では、高校生も最初は緊張していたが、カメラマンからの「笑顔で」というリクエストに、プロジェクトを成し遂げた充実感も手伝ってか、高校生の表情が一気に緩み、みな最高の笑顔を輝かせて、写真に収まっていた。

プロジェクトを終え、記念撮影で笑顔がこぼれる高校生

 同大は2021年、双方の知見や技術などを用い、地域の活性化や産業振興などへの貢献、さらに将来を担う人材の育成に努めるための包括連携協定をピーチアビエーションと締結している。

 今回の高大連携教育プログラムもその一環。ピーチの旅客機が女満別―大阪間就航を機に、大阪の高校生が網走を訪れて地域学習に取り組むとともに、大学の授業や研究を体験するのをねらいとしている。

 このため、報告会にはピーチアビエーションの遠藤哲常務執行役員も出席した。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス