北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ブリのリーフレット作成へ 成分やレシピなど掲載 渡島振興局【函館】

水揚げされたブリ(昨年10月、函館市南茅部地区)

 渡島総合振興局は今年度、渡島管内で捕れるブリの魅力を紹介するリーフレットを新たに作成する。ブリに含まれる栄養や近年増加傾向にあるブリの漁獲量、ブリ料理のレシピなどを分かりやすく伝える。また、ブリを使った一般市民向けの料理教室、学生を対象にしたブリの水揚げ見学会を継続して実施する。

 振興局の独自事業(2020~24年度)で、道民にはなじみが薄く、食べる習慣がないブリの消費拡大に引き続き力を入れる。

 リーフレットは、ブリが持つEPAやDHAなどの成分を解説する。ブリの漁獲量推移や、おいしい食べ方を盛り込む。管内の小中学校や高校、各市町に配り、子どもにも分かりやすくブリの現状を説明する。

 料理教室は9月30日、函館短大付設調理製菓専門学校で公募した市民15人を対象に、南かやべ漁協女性部が講師となり、ブリ料理3品を作る。

 水揚げ見学会は10月7日、同専門学校の2年生が函館市南茅部地区で盛漁期を迎えたブリの水揚げを見学する。ブリの刺し身など朝食を食べた後、漁協幹部との意見交換も予定している。振興局水産課によると、昨年初開催した料理教室は「ブリ大根など決まった料理しか知らなかったが、新たな料理を作り、勉強になった」、水揚げ見学学習は「ブリの大きさを直に見て、今後のブリ料理へのイメージが膨らんだ」との感想があったという。漁協幹部との意見交換では、後継者不足など函館の漁業が抱える課題を共有できたとしている。

 振興局が昨年初めて作ったブリのイメージキャラクター「ブーリー君」「新鮮鰤(ぶり)」は、会議用資料などに表示し、露出を増やしPRする。民間使用の場合は使用申請が必要で、申請件数は昨年度ゼロ、今年度1件で、幅広く使用を呼び掛ける方針。

 ブリを使った商品開発や子ども向け食育イベントを行っている、函館の一般社団法人「ブルーコモンズジャパン」と連携し、イベント開催などでブリの認知度を高める。

 22年の渡島でのブリ漁獲量は前年比32%減の4964トン、金額は同56%増の16億円。20年は1万2000トン、21年は7000トンと減少傾向で推移しているため、振興局は漁獲動向を注視する考え。水産課の榊原滋漁政係長は「漁獲量が高位水準にあるブリ消費の底上げを図る。リーフレットは、子どもが家庭に持ち帰って保護者も理解できるものにしたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス