北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

カルシウム摂取、忘れずに 生涯骨太クッキング 食生活改善協が教室開く

食生活改善協議会のメンバー(左)から骨太料理を教わる参加者

 【網走】日本人に不足しがちなカルシウムを効果的に摂取するための料理を学ぶ市食生活改善協議会(吉阪一子会長)の「生涯骨太クッキング」が、市保健センターで開かれた。

 市民15人が受講。男性のほか、高齢者のために作る料理の参考にしたいと、北地区高齢者ふれあいの家のスタッフも受講するなど、幅広い層で栄養を考えた料理に関心が高いことがうかがえた。

 料理は「かぶと舞茸の和風ビーフストロガノフ」「野菜とチーズの油揚げ巻き」「根菜とおからのみそ汁」「さつまいもとレーズンのきんつば風」の4品。いずれも牛乳に限らず、チーズやヨーグルトなど、さまざまな乳製品を料理に使うことで、積極的に摂りづらいカルシウムの摂取につなげている。

 特に、ビーフストロガノフは牛乳の苦手な人でも食べやすいよう、みそと牛乳を合わせたほか、みそ汁もカルシウムの含有量を意識しておからを採用。さらにどの料理も野菜をふんだんに使うなど、カルシウム以外の栄養素にも配慮している。

 また、おせちの定番でもある「きんとん」に代わるものとして、サツマイモとレーズンを使った「きんつば風」を提案。正月料理も栄養に配慮を―と呼びかけている。

 参加した人たちは、さっそく油揚げを切って開いたり、玉ネギを薄切りにしたりと、配られたレシピを見ながら調理。男性も、同協議会のメンバーから教わりながら、包丁を振るっていた。

 同協議会の吉阪一子会長は「乳製品の栄養素は、どの年代も摂りづらく、不足しがち。これまではコロナ禍もあり、あまり手をかけない料理を提案してきたが、今回は手間ひまかけて作り、必要な栄養を摂取するレシピにした」と話していた。

 この料理教室は同会が毎年、開いているもの。以前は「乳製品料理教室」としていたが、現在は近年いわれている健康長寿、また「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」とそのコントロール法も取り入れ、年齢性別を問わずに役立つ教室として開いている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス