北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ホッキむき身加工品を開発 軟らかさと鮮度を維持 苫漁協

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は、水揚げ日本一を誇る苫小牧産ホッキ貝の加工品「湯呑(ゆの)みのほっき貝」を開発した。ホッキをさっと湯通しして急速冷凍することで、新鮮さや軟らかい食感を維持し、刺し身をはじめ各料理に活用できる。市内フードD各店で1箱300グラムを3980円で売っており、同漁協は「贈答用に最適。苫小牧の新たな特産品にしたい」と意気込んでいる。

苫小牧漁協が開発した「湯呑みのほっき貝」

 ホッキ貝の個人消費を拡大しようと、同漁協は2021年度にむき身加工品を開発。ホッキ貝の流通は鮮度を保つため殻付きが基本だが、消費者から「殻外しが面倒くさい」の声が根強く、同漁協は「一次加工すれば、家庭消費は伸びるはず」と取り組んだ。市樽前のマルゼン食品(三小田和宏社長)に製造を委託した。

 商品化でこだわったのは鮮度や食感。水揚げされたホッキを同社の蓄養池に放ち、海と同じ状況でいったんリフレッシュさせ、元気にしてから調理した。殻から外した肉厚なホッキをさっとゆでることで軟らかいまま、うま味を凝縮。急速冷凍して鮮度を保ち、刺し身やすしネタにも使えるようにした。

 三小田社長は「新鮮なホッキを、新鮮なうちに湯引きすることで、生臭さが消え、甘味も増す。より食べやすい商品になった」と胸を張る。10月に市公設地方卸売市場で開かれた市民感謝祭での試験販売を経て、小売価格を取引先に委ねることにし、1日からフードD各店が販売を始めた。

 同漁協の赤澤一貴総務部長は「調理に手間がかからず、すぐ食べられるので、贈り物やお土産など年末年始に向けてぴったり」とアピール。商品化で付加価値の向上はもちろん、禁漁期間の商品提供や価格安定にもつながるだけに、「販売先を拡大し、特産品として定着させたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス