北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

甘い誘惑“砂糖”で防げ 箸も添えて配布 特殊詐欺被害【帯広】

 全道で相次ぐ特殊詐欺被害を受け、帯広署は十勝の特産品“砂糖”を生かした啓発に乗り出した。同署が新たに打ち出した標語は「さぎとうたがえ」と「おかねのはなしは信じるな」。この標語にちなみ、砂糖と箸を啓発グッズに取り入れた。

特殊詐欺被害防止のため、必死に高齢者役の署員を説得するゆうちょ銀行の職員(左)

 11月末現在、道警が認知した道内の特殊詐欺被害件数は280件(前年同期比161件増)で、被害額も約11億9000万円(約9億1200万円増)に上る。総額が過去最悪だった2014年(259件、約12億5000万円)を上回るペース。同署管内では、被害件数は前年同期と同じ5件だが、被害額は約5200万円(約1100万円増)に上る。

 同署は新たな標語に掛けて、スティックシュガー3本と箸1膳のセットを3000組用意し、管内郵便局に配布。特殊詐欺の手口で多い現金自動預払機(ATM)での振り込みを防ぐため、窓口で振り込みの相談をした客に手渡す。同署生活安全課の三浦有敬係長は「被害に遭いそうな客がATMではなく、まずは窓口で職員と話をする環境をつくることで、少しでも被害が減少すれば」と期待する。

 8日にはゆうちょ銀行帯広店(会沢智行店長)で、同署による特殊詐欺被害防止と強盗対応のための訓練が行われた。職員が高齢の客に扮(ふん)した署員に冷静かつ的確に対応し、三浦係長は「ほぼ完璧にできていた」と高く評価。その後、同店にスティックシュガーと箸200組を配布した。会沢店長は「年に数回は特殊詐欺と思われる振り込みがあり、声を掛けている。いただいた砂糖と箸を有効活用し、さらに被害撲滅に努めていく」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス