北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

51㌔のマグロを一本釣り【新ひだか】

【新ひだか】静内入船で漁業を営む静谷孝美さん(66)は10月16日、午前6時に釣り客を乗せて遊漁船「第八静漁丸」(4・9㌧)を出港し、沖合約10㌔の地点で釣り客が重さ51㌔の本マグロを1本釣りした。半世紀にわたり漁業を営む静谷さんは「日高管内でマグロを1本釣りした話は聞いたことがない」と驚いている。静谷さんの遊漁船経営は24年目となる。

 釣り上げたのは、仲間と2人で来た恵庭市の公務員、広中敦(おさむ)さん(57)。広中さんは、小学生のころからの釣り好きで、10月16日に初めて同船に乗り、静内沖の水深約100㍍の海底にルアーを下しマグロを釣り当てた。午前10時ころ強い引きと格闘しながら約50分かけて船上に釣り上げ、同船した釣り客からも祝福を受けていた。「最後は握力も腕を上げる力もなくなりかけたが、釣り上げられた」と喜んだ。これまでに釣ったマグロは重さ20㌔が最高で、興奮と満面に笑みがこぼれていた。

 静谷船長は「海水温上昇により静内沖ではここ5、6年、昔は獲れなかったマグロやブリ、サバなどが網に掛かるようになってきた。釣れる魚種もかわり船釣りの醍醐味も変わってきた。今は、サケやブリ、ソイ、ヤナギノマイなどが釣れている。ぜひ遊漁船の釣りを楽しんでほしい」と話していた。

51㌔の大きなマグロを釣り上げ喜ぶ広中さん(中央)と静谷船長(左)=静谷さん提供=

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...