北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ホッケ安全操業初出漁 国後周辺、7㌧水揚げ【羅臼】

国後島沖で漁獲したホッケを水揚げする漁業者(30日午後0時15分ごろ)

 【羅臼】日ロ政府間の協定に基づき、北方領土国後島周辺で行われる安全操業のホッケ刺し網漁が9月30日、解禁から2週間遅れて初出漁し、許可船9隻が羅臼漁港に7㌧(前年同期18㌧)を水揚げした。8隻が洋上でロシア側から漁獲や操業日誌などをチェックされる「臨検」を受けたが、どの船長も「臨検内容は例年通りだった」とし、不当な拘束なく全船が最終の競りに間に合った。漁は777㌧を上限に12月末まで行われる。

 この日は、羅臼漁協(萬屋昭洋組合長)所属の安全操業許可船11隻のうち9隻が未明に出港し、国後島沖合での漁を終え、正午すぎまでに順次帰港した。ウクライナ情勢などから臨検が厳しくなるとの見方もあったが、「朝日丸」(19㌧、5人乗り組み)の三浦保之船長(66)は「臨検自体は特に例年と変わらない。これから臨検は必ずあると考えた方がいいかもしれない」と話した。漁自体は「去年より大きいし型も良い。これからに期待したい」と話した。

 北方領土周辺での安全操業は、両政府間協定によりスケソウダラ、ホッケ、タコを対象に漁獲割当量と隻数、操業期間を決めて行っている。近年はロ側の取り締まりも厳しく、昨年のホッケ漁では臨検が延べ100隻と開始以来最多で、洋上で数時間待たされ最終の競りに間に合わないケースがあった。

 今年の安全操業のホッケ漁は、昨年12月に妥結し今月16日が解禁だったが、ロ側が6月にサハリン州への援助金未払いを理由に履行停止を訴えて調整に時間がかかり、2週間遅れでの操業となった。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス