北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コワーキングを町で アプリ連携で利用拡大【芽室】

 芽室町内のNPO法人「Qucurcus(ククルクス)」が、町本通3ノ2にある事務所の一部をコワーキングスペースとして開放している。全国各地のコワーキングスペースを探せるスマートフォンアプリを通じ、町外からも利用が進んでいる。

コワーキングスペースの利用を呼び掛ける(右から)永井代表、八所かおり副代表

 同法人では、2021年の事務所開設当初から、一部をリモートワークなどができる場所として活用する考えでいた。今年5月からコワーキングスペースとしての開放を始めている。

 7月には「いいオフィス」(東京)が運営する、コワーキングスペースの検索・決済アプリ「いいアプリ」との連携を開始。同アプリでは全国約750カ所のコワーキングスペースを地域ごとに検索でき、QRコードの読み取りなどで簡単に決済可能。多くの人に認知され、利用促進につながった。管内ではククルクスのほか、幕別町札内の「Nスペース」、帯広市の「omoto」とも連携している。

 ククルクスの永井健士代表(53)は「テレワークの導入が進んだ一方、家だと集中できないという人もいる。仕事はもちろん、趣味で黙々と作業したい時など気軽に活用してほしい」と話している。

 平日午前10時~午後6時で、定員10人程度。1時間300円、半日(4時間まで)1000円、終日(8時間まで)2000円。混雑時は相席となるほか、スタッフは通常業務のため、来客・電話対応をすることがある。1時間当たり500円を増額し、営利目的の利用もできる。午後6時~同8時は予約制の貸し出しスペースとして運用中。問い合わせは同法人(0155・67・5144)へ。

関連記事

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。  考古学専門の岩波連学芸員がパワ...

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス