北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南大雨 2・7万人に避難指示 浸水被害相次ぐ【函館】

大雨で木が流されたり道路が陥没したりする被害が出た歩道(9日午前11時25分ごろ、函館市旭岡町)

 北海道付近の前線に向かって暖かい空気が流入し、大気の状態が不安定になった影響で、渡島・桧山地方は8日夜から9日未明にかけ、激しい雨に見舞われた。人的な被害の情報は入っていないものの、函館市や北斗市で建物への浸水が相次いだ。道南の5市町約2万7000人に対して避難指示が出され、9日朝までには解除、避難所も閉鎖した。

 市消防本部によると、8日夕方から9日にかけて住宅への浸水や道路の冠水に関する通報が約200件あり、消防車を出動させた。北斗市と知内町でも床上、床下浸水が発生した。建物被害については函館市が確認を急いでいる。

 道南で避難指示が出たのは、函館市と北斗市、森町、木古内町、知内町の5市町。自主避難を含め約280人が避難した。函館市は高丘小学校と湯川中学校に避難所を開設。173人が身を寄せた。

 松倉川のそばにあるホテル「笑(えみ)函館屋」(湯川町3、植澤大作支配人)では、ロビーなど1階部分に泥水が流れ込んだほか、地下にも浸水した。この影響で休館を余儀なくされた。9日午後1時時点ですでに50組近いキャンセルが発生した。植澤支配人は「被害ははっきりしない。休館がいつまで続くのかもわからない状況」と頭を抱えた。

 旭岡町と赤坂町にまたがる市道沿いを流れる志海苔川もあふれた。近くの佐々木正之さん(80)宅にも水が押し寄せ「声が聞こえなくなるような雨の音と雷。こんな経験はない」と驚いていた。

 知内町ではニラとホウレンソウ農家のビニールハウス28棟で冠水被害が発生した。

 JR北海道は9日、函館―札幌間の特急北斗15本と函館線新函館北斗―長万部間を走る普通列車29本を運休した。道南いさりび鉄道も全36便を運休。10日も始発から午後1時ごろまで16本の運行取りやめる。

 函館地方気象台によると、降り始め(8日午後2時)から9日午前7時までの降水量は、函館空港で141・1ミリ、木古内町で129・5ミリ、函館市美原で109・0ミリ。函館空港は8月の月平均降水量(148・5ミリ)の95%の雨量となった。

関連記事

釧路新聞

ホッケ安全操業初出漁 国後周辺、7㌧水揚げ【羅臼】

 【羅臼】日ロ政府間の協定に基づき、北方領土国後島周辺で行われる安全操業のホッケ刺し網漁が9月30日、解禁から2週間遅れて初出漁し、許可船9隻が羅臼漁港に7㌧(前年同期18㌧)を水揚げした。8隻...

苫小牧民報

命の大切さ訴える 日本笑い学会講師の古屋さん 白老中で特別授業

白老中学校で28、29両日、日本笑い学会講師の古屋良一さん(64)=白老町在住=を迎えた特別授業が行われた。各学年の各クラスで計6時間にわたって講話し、生徒に人間関係や命の大切さなどを訴えた。 ...

苫小牧民報

リハビリ・ケア研究大会開幕 苫小牧市内3会場で講演や展示 

リハビリテーション分野で国内最大規模の学術集会「リハビリテーション・ケア合同研究大会」が30日、苫小牧市民会館で開幕した。道内では2012年の札幌に次いで2回目で、10月1日まで市内3会場で開催。...

十勝毎日新聞

「パン王国」実現へ準備室 食べ方提案、麦音拡張【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は30日、新たな部署として「とかちパン王国準備室」を9月1日に設立したと発表した。同社のビジョン「2030年十勝がパン王国になる」を具現化するため、準備室では...

十勝毎日新聞

「宇宙と地域 距離縮まった」 500人参加、サミット閉幕【帯広】

 帯広市内のベルクラシック帯広で29日に開かれた「北海道宇宙サミット2022」(実行委主催)は、投資、娯楽、農業など多角的な切り口で宇宙産業の可能性を議論し、幕を閉じた。大樹町が掲げる北海道スペ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス