北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

人気列車のボールペン発売 異業種コラボ【釧路】

製作したボールペンを手に佐藤紙店の佐藤社長、原田さん、五十嵐駅長、リラィアブルの佐藤社長(右から)

 文具などを販売する山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)と、大型複合施設コーチャンフォーを全国で展開するリラィアブル(同市春採7、佐藤暁哉社長)は共同でJR北海道とコラボし、「くしろ湿原ノロッコ号」と「SL冬の湿原号」の特製ボールペンを22日発売する。イラストデザインはボールペン画家として活躍する原田カーナさんが担当した。

 全国にファンの多い人気列車を題材に、異業種がコラボして釧路の観光振興に一役買う商品にと製作した。ボールペン本体は三菱鉛筆製のゲルインクボールペン「ユニボールワン」がベース。

 「大自然を駆けるくしろ湿原ノロッコ号ボールペン」は緑インク、「銀世界を駆けるSL冬の湿原号ボールペン」は黒インク。ボディーにはそれぞれの車両の車体を横から見たイラストが描かれ、付属するプラスチック製のチャームには列車正面のイラストが描かれている。イラストはゲルインクボールペンを使い描いており原田さんは「皆さんの思いが届られるように描いた」と話した。

 商品化について佐藤紙店の佐藤社長は「地域のために何ができるのだろうと考えた」と述べ、リラィアブルの佐藤社長は「釧路の文房具を扱うのでご当地のものをと考案した」と話す。JR北海道の五十嵐直人釧路駅長は「このボールペンで夏と冬の観光列車をPRしてもらえたら」と語った。

 ボールペンは2000本製造。1本495円。販売は佐藤紙店、リラィアブルが運営する市内の各店舗、釧路駅構内の売店、たんばやMOO店。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス