北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

JA新はこだて きたひやまと合併へ 来年2月 議案可決【北斗】

通常総代会であいさつする横道組合長

 【北斗】JA新はこだて(横道重人組合長)は13日、市総合文化センターかなでーるで第20回通常総代会を開き、JAきたひやま(せたな町、本井治組合長)と来年2月1日に合併する議案を原案通り可決した。同日、JAきたひやまも通常総会を開き、合併を承認した。

 21年度(21年2月~22年1月)の農畜産物販売額は前年比7%減の290億6000万円となり、7年連続の300億円突破はならなかった。内訳は、農産物が同11%減の185億2000万円、畜産物が前年並みの105億3000万円。主力の野菜は潤沢な出回りに加え、新型コロナウイルス禍での自粛が影響し単価が低迷。コメや生乳の過剰在庫も響いた。販売額は15年度に初めて300億円を上回り、20年度は過去最高の313億1000万円となっていた。

 道南でのJA合併は、02年2月に13JAが合併し発足した現在のJA新はこだて以来。存続組合はJA新はこだてとし、本店も北斗市で変わらない。JAは合併に併せ、機構改革を行う方針。

 横道組合長は「野菜は出回り量が全国的に順調に推移したことから、需給バランスが崩れ、厳しい市況展開となった。販売取扱高は290億円となり、残念ながら7年連続の300億円達成には至らなかった」と述べ、JAきたひやまとの合併に関し「せたな町の範囲とJAの地区範囲が同一となることで、行政とJAの連携をより一層深められ、地域農業の活性化やJA基盤の強化、地域の営農と生活を将来にわたって守り抜くことを実現する」と強調した。

 総代会には、367人(書面、代理を含む)が参加し、議案10件を可決した。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...