北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

住みたい街で函館市2位、住みここちで七飯町21位 賃貸住宅大手が道内ランキング【函館】

 賃貸住宅大手の大東建託(東京)は14日、各地域の居住者満足度を調査した「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2021」を発表した。北海道版の住みたい街(自治体)ランキングでは1位の札幌市に次いで、函館市が2年連続の2位となった。一方、住みここちランキングでは、七飯町が道南圏最上位となったが、昨年の14位から21位に順位を下げ、北斗市は24位、函館市は27位だった。

 調査は2019年に始まり、インターネットを経由した設問回答形式で実施。住みここちランキングは19~21年の回答結果、住みたい街ランキングは今年の調査結果を集計し、今回から回答者の対象地域を札幌都市圏から全道に拡大した。

 函館市は住みたい街ランキングで2年連続2位、住みたい街(駅)ランキングでもJR函館駅が2位に入った。住みここちランキングを因子別で見ると「自然・観光」で3位にランクインしている。同社賃貸未来研究所の宗健所長は「観光地としての知名度の高さがダイレクトに影響した結果。居住者もそのブランドの高さを意識していることが函館の強み」とする。

 住みここちランキングでは、七飯町が昨年から順位は下げたものの21位で道南圏ではトップ。「函館の郊外にあるという立地からアクセスも良く、ベッドタウンとしての住みここちが評価されたのでは」(宗所長)と分析する。一方でランキング1~20位は道央、十勝圏が多くを占め、同所長は「順位は回答者の属性にも影響されるため要因の特定は難しいが、道内の地域間の格差が見受けられる」としている。

関連記事

釧路新聞

ホッケ安全操業初出漁 国後周辺、7㌧水揚げ【羅臼】

 【羅臼】日ロ政府間の協定に基づき、北方領土国後島周辺で行われる安全操業のホッケ刺し網漁が9月30日、解禁から2週間遅れて初出漁し、許可船9隻が羅臼漁港に7㌧(前年同期18㌧)を水揚げした。8隻...

苫小牧民報

命の大切さ訴える 日本笑い学会講師の古屋さん 白老中で特別授業

白老中学校で28、29両日、日本笑い学会講師の古屋良一さん(64)=白老町在住=を迎えた特別授業が行われた。各学年の各クラスで計6時間にわたって講話し、生徒に人間関係や命の大切さなどを訴えた。 ...

苫小牧民報

リハビリ・ケア研究大会開幕 苫小牧市内3会場で講演や展示 

リハビリテーション分野で国内最大規模の学術集会「リハビリテーション・ケア合同研究大会」が30日、苫小牧市民会館で開幕した。道内では2012年の札幌に次いで2回目で、10月1日まで市内3会場で開催。...

十勝毎日新聞

「パン王国」実現へ準備室 食べ方提案、麦音拡張【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は30日、新たな部署として「とかちパン王国準備室」を9月1日に設立したと発表した。同社のビジョン「2030年十勝がパン王国になる」を具現化するため、準備室では...

十勝毎日新聞

「宇宙と地域 距離縮まった」 500人参加、サミット閉幕【帯広】

 帯広市内のベルクラシック帯広で29日に開かれた「北海道宇宙サミット2022」(実行委主催)は、投資、娯楽、農業など多角的な切り口で宇宙産業の可能性を議論し、幕を閉じた。大樹町が掲げる北海道スペ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス